読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジッケンノート

社会人を目前に初めてジャニーズに落ちた人間がどのような経過を辿るのか記録する

〜元気が出るLIVE 映像化からアイドルの健康及び死について考える〜

いやあ、荒れに荒れましたね。元気が出るLIVE映像化。

否定的な意見もわかるし、肯定的な意見もよくわかる。

個人的にはいいところも悪いところもある作品だったと思っているのでスケープゴートみたいにインフィニティが袋叩きになってるのが見ていられなかったり……

基本的に根がいじめられっ子体質なのと、5年くらい前にジャニオタに推し芸人怒涛のごとく叩かれたことがあるので、ジャニオタが束になって1つの欠点を叩く風潮がジャニオタ3年目でもまだ苦手です。

インフィニティは会社だけど、その会社を構成してるのは一人一人の人間なんだから対人間に発してる言葉であることは自覚したほうがいいんじゃないの?窓口ないから人間に届いてるかどうかわからないけどw

ファンのことみんなブス、ブスって連発してて、確かに泣き顔映すインフィニティはセンス悪いなって思ったけど、何かを作るって背景には全部作者の意図があるわけだから、作者の意図を想像して好意的に物事解釈すればいいのに。

文系って作者の意図を考えるのが仕事でしょ?  あれ?私のタイムラインみんな理系だったかな?理系ならよこやまさんの美しさについて遺伝子学の見地から一緒に語り合おうよ!物理学専攻なら音響設備としても視覚的配慮の見地から見ても一番効果的な音響設備との配置について見解をきかせてほしい。(理系ブラックジョーク)

大喜利的に面白いブスいじりもあったけど感情的なブスという言葉が並ぶタイムラインを見て、私はみんなバカだなあと思ったり。

ブスもバカもあたまごなしに人を貶してる言葉なので私も同じ穴のムジナではあるのですけどね。

 

さてさて、原稿用紙1枚以上も前置きしましたが本題です。

学級会のように議論が紛糾した今回の作品ですが、個人的にはファンを映すか映さないかだけじゃなくてもっと考えるべきことがあったかなと思ったのにツイッターでも考察が大好きなはてブロですら言及している記事を見つけられなかったので発売から2週間以上がたったけどこうしてブログを書くことにしました。

否定的な意見も肯定的な意見もいっぱいあるし、人と同じことしてもつまんないし。

 

議題:アイドルの健康と死について。

ジャニオタ3年生の若輩者が調べた限りですが、元気が出るLIVEはジャニーズにおいてメンバーが病欠したLIVEを映像化した唯一の映像作品です。

メンバーが病欠したライブという条件にすると一昨年のタッキー&翼のライブについてはライブ前に翼くんがメニエール症候群を発症したことでタッキーだけのライブにはなったようですがこちらは映像化されていません。

ツアー帯同してたJr.が怪我や病気で戦線離脱したケースはあるかもしれないけど、今回はメインのデビュー組に限って話を進めます。

 

前述のタッキー&翼のライブは本来翼くんがいるはずのポジションにライトが当たるなどの演出がされ、いないけど翼くんの存在を感じる、タッキーのソロコンではないタッキー&翼のコンサートだったと当時ツイッター等のレポを見ました。

病気等で本人の意思と反して戦線離脱しなくてはいけなくなったメンバーが出た時、残されたメンバーはそれをどう受け入れて表現するか。

それは慢性疾患を患った翼くんと相棒タッキー、そしてそのファンだけが考える受け止めることじゃないんじゃないと個人的には思います。

今年頭、SMAPの解散騒動が世間を騒がしました。

事務所のお家騒動によって解散させられたり、活動を休止させられるような本人達の意思と反するような事態はあってはならないと思いますが、彼らに生涯アイドルを求める人達が圧倒的多数でありました。

その生涯アイドルを求める人達はアイドルがいつか死んでいくことをどこまで考えているのかなと思ったんです。

これも、新米ジャニオタが簡単に調べただけなので、誤りがあるかもしれませんが、ジャニーズのアイドルとして死んでいった人はまだ誰もいないんです。

フォーリーブスで再結成後にお亡くなりになられた方などはいますが、既にジャニーズ所属ではありませんでした。

アイドルに生涯アイドルを求めるならその人生の終わりである死から逃れることはできません。

人が死ぬことについて考えることは不謹慎だと思う人もいるでしょうが、死はどんなに愛されるアイドルにだって訪れます。

私がジャニーズの中で一番好きな関ジャニ∞は最年長が35歳で脂が乗ってきてむしろこれから!と思っておりますが、これくらいの歳で突然死する人だっているし、大病を患って長患いの末に亡くなる方だっています。

80代のおじいちゃんに比べたら明日いなくなってしまう可能性は低いわけですが突然腸閉塞になる可能性と変わらないくらいあるんじゃないかなと思う訳です。

 

今回オーラスの様子が映像化されていることに「撮影の予備日は作ってなかったのか?」だったり、「万が一に備えて次は予備日作って欲しい」だったりというような意見を沢山目にしました。

じゃあ、エイトの例年のツアースケジュールのちょうど真ん中の名古屋か機材設備のコスト削減で大都市東京で予備日を撮影するとして大阪オーラスまで3〜4週間しかないんですよね。

万が一、今度はツアー半ばで誰かが病欠したとしてそれが数週間以上の入院を余儀なくされるものだったら仮に予備日を用意できたとしても予備日前に入院が必要な病気を患ったら普通数週間でライブやれるほど回復するとは思えないんですね。

大倉くんの現場復帰は早かったですが、既にロケは終了してて座ってしゃべるスタジオ収録とラジオだけだったから早かったと思うわけです。

家庭の医学によると腸閉塞で入院すると2〜3週間は入院することが一般的なようですし、平均1ヶ月長くたって2ヶ月の短いツアー期間。

予備日を作ることは多少なりとも今回のような事態のリスク軽減にはなるんでしょうけど、ツアー中に誰かが病に倒れることに対してどこまでリスクを軽減できるかと考えた場合そこまで効果的な案とも思えないんですね。

 

タッキー&翼関ジャニ∞のようにツアー中もしくはツアースケジュール決定後(チケットの販売も済んでいる)場合、払い戻し対応等は行うでしょうが基本的にライブは行われる方針のようです。

払い戻しする以上にキャンセルしたほうが経費がかさむからだと思いますが、これは体調不良に限らず、不祥事の場合も多分これに準ずるんじゃないかと。

チケット発売終わってたら決行。

 

で、もう1つ考えたことがありまして、メンバーの誰かが無期限長期療養しなきゃいけない状況になったとき、果たしてそのユニットはライブツアーを行うのか?

 

その時期にメンバーが復活してるかどうか何もわからない状況で年間のスケジュールを組まなきゃいけなくなって、ツアーをやるのかどうか。

赤西くんの語学留学中に行ったKAT-TUNのコンサートについては映像化されてる回には赤西くん戻ってきてたみたいだけどWikipediaに企画段階で赤西くん不在だったためソロ曲なしというような記述があったので、おそらく5人での活動が決まってから発表されてツアー開始って解釈をしてるんですが、人数減ってもツアーやるんですよね。

KAT-TUN担の方に聞いたら5人が前提のライブだったのこと。赤西くん復帰で追加がかかったともおしえていただきました)

 

個人の意思で留学決めてグループ離れたメンバーと病気療養でステージに立ちたくても立てないメンバー(仮)を同じ土俵に挙げたらまずいですかね。

本当にそんな事態になったら「○○くんがかわいそうだからツアーなんてやらないで。・°°・(>_<)・°°・。」ってファンも溢れるんだろうなと思うんですけどね。

ひとりはみんなのために、みんなはひとりのためになんて耳障りのいい言葉がありますが、果たして誰かが病に倒れたときにツアーをやるかやらないか、これはファンの顔映すこと以上、腸閉塞以上に紛糾しそうだなと思うわけです。

 

病に倒れるのが自担でも自担じゃなくても絶対紛糾する。

自担のいないグループのライブなんで見たくないって考えを持ったら、今度は自担は元気なのにツアーやリリースがなくて活躍するところ見られないってことになるんですよ。

ソロ仕事は全くないわけじゃないけど人数が多いユニになればなるほどそのあたりのケアが十分とは言えないだろうし。

充電期間に入ったKAT-TUNを例に出すのはKAT-TUN担の傷を抉るようで少し申し訳ない気はするんですけど、亀梨くんには来年公開の映画が2本決まってるけど中丸くん上田くんは従来のソロでのレギュラーのみ。

もちろん、亀梨くんはKAT-TUNの旗頭だから充電期間に入る前からソロ仕事が多かったと言ってしまえば身も蓋もないのかもしれないけど、メンバー間の知名度や露出に多少格差があってもそれぞれのファンが同じように楽しめるのがシングルのリリースやコンサートなのにそれがなくなってしまうかもしれない。

 

こんなことをぽつぽつ通勤電車の中で打っていたらタイムリーなことにこの週末、スバラジですばるくんが元気が出るLIVEで6人でやったことに言及がありました。

そこでは、「1人でもやる」といった発言があったので、万が一、開演直前みんなが食中毒になっても誰かが大丈夫ならLIVEやってくれるんだなと思ったんです。

ただ、やっぱり、最初から参加出来るか不明な長期療養って形をとらなきゃいけなくなった時にコンサートをやるのというところまでは意識した発言ではなかったように感じられて。

 

よこやまさんは「こんなときやからコンサートやらなあかんのちゃう」って言いそうだけど、出られないのがすばるくんだったら「すばるがおらんのにやっても……」って言うんじゃないかなとか……

勝手なイメージであって、実際エイトがそんな場面に直面しないことが一番望ましいんですが、もしそうなったとき、彼らがどんな選択をしても受け止められるくらいの度量の深いオタクでありたいなと考えています。

 

 

あと、冒頭ジャニーズアイドルのまま死んでいった人は居ないと触れた件について。

 

ジャニーズのアイドルで前例はないけれども社会的に考えたとき一番近い例は誰かなと考えていたときに、フォロワーさんから教えていただいたのはX JAPANのHIDEさん。

私は当時小学校上がるか上がらなかったくらいなので個人の記憶としてはっきり覚えているわけではないのですが、当時は後追い自殺が社会的に問題になったようで。

熱愛報道だったり、脱退報道だったりでファンが「今日、会社(学校)やすみます」なんてことが多発するジャニオタの世界。

生きている人間はみんな当たり前に死んでいくのだけれどそれを理解して受け止めるだけの土壌があるのかと考えたら多分そうではない。

これだけ巨大エンターテイメント化しているジャニーズのアイドルとそれを取り巻くファンの世界。

 

やっぱり不謹慎なことを考えるな!って怒る人もたくさんいるだろうけれど、いつか起こりうる未来の出来事について考えても良いんじゃないかなと思うわけです。

勿論、その場面に直面したとき、どんな答えを出すのかは自分たちが応援しているアイドルにしかわからないことで、そのアイドルの出した答えに賛同するも反対するもファンの自由です。

ただ、賛成でも反対でも一ファンとしての考えは持っていてもいいんじゃないかなと思います。

そして、私はいろんな意見を聞いてみたいなと思います。

 

もし、あなたの大好きなアイドルが病気や怪我でユニットに参加できなくなったとき、死んでしまったとき、貴方は大好きなアイドルのいたグループを応援できますか?

 

 タラレバの話ばかりの記事ですがもしこんなことを考えてくれる人がいたら貴方の考えを聞かせてください。

 

あんまりまとまりのない記事になっちゃったけど罪と夏も出るし元気が出るLIVEの是非について問うのはもうおしまい!

初めてのジャニーズのコンサート 「十祭」に行った日

お題「初めて○○のコンサートに行った日」

たまには頑張ってまだ流行ってる内に書くぞ!と思ったけどだらだら書いてるうちにまたワンテンポ遅れた気がする。

でも、気にせず初めてコンサートに行った日について。

このブログを立ち上げた時にジャニオタになるまでということでざっくり初コンサートのことは書いているんですが。

2014.8.9 十祭 味の素スタジアムが初コンサートでした。

よこやまさんのトランペットをきっかけに関ジャニ∞に興味を持ったときはM1、大学院1年目の冬でして絶賛就活中。

理系の院生なんて大体研究室にこもってるからバイトもできないし時間もお金もないし、入会金込み5000円さえ躊躇せざるえない状態。

いや、でも、コンサート行きたいからファンクラブ入りたいし……、迷いに迷った挙句、志望度はともかくどっか一箇所内定もらうまでは我慢すると決めて、ファンクラブ入ることをモチベーションにして就活をしてました。 

冬のコンサートに間に合うまでには就職決まってないと社会的に困るなと、思いつつ同期が続々と内定貰ってく中、4月末にこれまでエントリーシート出してたところ全部落ちて手持ちゼロって悲惨な状況になり、5月に関ジャニ∞の会で十祭の開催が発表。

あ、これは間に合わんな、まあ、冬に間に合えばいいやと思った5月末に内定いただきまして、間に合えば御の字と郵便局駆け込んだ十祭申し込み間に合っちゃって、これまたダメで元々と申し込んだら当たっちゃった!ってな具合でど新規の癖にアニバーサリーイベント参戦決定。

いや、めっちゃ軽く書いたけど就活と研究室の両立で体壊して、GW明けにまとめて何社かエントリーしたところがダメなら就活スパッと諦めて資格取れる専門学校受け直せって家族に言われて模試も受けたような状況ではあったんですけどね。まあ、苦労話書いてもしょうがないし、ジャニオタと就活ブログも人気のあるテーマだけど理系修士の就活情報なんて需要もないから結果オーライってことで。

 

 

申し込み当時はまだ遠征に対してハードルが高かったのと、日曜日は前々から予定が決まってたので土曜日一本釣り。

一人で行くのが怖かったので、同じように就活で荒んだ心に関ジャニ∞が入り込んだ同じく10周年新規すばる担の学部生時代の友人と、テレビで見る分には関ジャニ∞好きだよー、見た目可愛くて実は男らしいヤスくんがタイプかなという妹と一緒に行くことに。

まあ、最初からそのつもりで3枚で申し込んだんだけど。

ちなみに、すばる担の友人も20歳を過ぎて初めてのジャニーズのコンサート。

妹は中学生の時に学校の友達にテゴマスコンにつれてってもらってからファンクラブには入らなかったけどしばらく手越くんのファンをしたので辛うじてジャニコン経験者だったので頼りにしてたんですが。

「お姉ちゃんたち初めてのジャニーズだからどうしたらいいかわからん、うちわどうしたらいい?双眼鏡って必須?」

「私つれてってもらっただけだからうちわ持たなかったもん。代々木スタンド前列だったからわかんない。必要だと思ったら必要なんじゃない? 」

「雨具ってどうすればいいかな?」

「だから、代々木だったから!」

バッサリ。

 

とりあえず、双眼鏡調べてた時に色々オススメされてる中で予算とフィットしたものを買い、研究室の中間発表で死んでた私に代わり、すばる担が作ってくれたうちわを持っていざ味の素スタジアムへ!

当日地方から上京してきた友人と新宿駅で落ち合って飛田給駅へ。

熱中症対策もバッチリだから!」と塩飴を取り出した友人。「しょっぱいもの食べると甘いもの欲しくなると思ってさ」と続けてドライフルーツの袋まで取り出して。

「でもね、さっき気がついたんだけどドライフルーツってカリウム含有量多いから」

『利尿作用あるからダメじゃん!』

理系女子、無い女子力を必死にかき集めて美容に良さそうな甘いものを用意したのが裏目に笑

 

初めてのグッズ列、日常生活での使い道など考えずにTシャツ買ったり法被買ったり。

浮かれてました。

もちろん、ポスター2枚と集合とよこやまさんのフォトセとetcetc

ボディーシールなんて貼っちゃったりして(人生初)

はしかとジャニーズは大人になってから罹ると重い。

 

そして、夕方開場して、席がこれまた、な、なんとアリーナだったんです。

初コンサート、初野外、初アリーナ。

初日だったので座席配列などの情報は一切なかったんですが、自分たちのブロックと後ろのブロックの間に少し広めの通路、これ、トロッコ通るんじゃない?3列後ろ、数メートル後ろをジャニーズ通るの?

運使いすぎでは???

初めてのコンサート思いの外良席のようで興奮するど新規ジャニオタ大学院生2人。

「お姉ちゃんたち、まだ関ジャニ∞出てきてないから落ち着いて」と妹に宥められつつ。

 

そして、開演。いろは節で出てくる関ジャニ∞さんたち!!

実在した〜!?!?生きてる!?!?

生きてるけど同じヒト科ヒト属Homo sapiens sapiensとは思えない美しさ!?!?

生物学の分類改めなくて大丈夫!?!?

絶対塩基配列違うから!!!

 

十祭の東京公演はよこやまさん、金髪だったんですよ、背中にペガサスが刺繍された法被羽織ってたんですけど見る角度によっては片側だけ後ろに縫い付けられた翼が肩越しに見えたんです。

その姿は片翼もがれた天使そのものでした。

美しすぎて人の心を誑かしてしまったから片翼もがれて堕天した天使様だったんですね。

人間、あまりに美しいものを見ると多分脳細胞破壊されるんでしょうね、語彙力の喪失。

白い 細い 神々しいの形容詞3点セットをずっと公演中うわ言のように言ってたそうです(妹談)

 

十祭を語る上で外せないジャニーズメドレー。

参戦時点では関ジャニ∞はジャニーズっぽくないから好きなんて言ってましたが、しかし!!!

基本的にテレビっ子なので知っている曲ばかり、関ジャニ∞のライブのはずなのに何でみんな踊れるの?と言った疑問はもちろんありましたが、曲は知ってるからリズムに乗って、周りの人見よう見まねで踊って。

 

事件はweeeekで起こりました。

よこやまさんの乗ったトロッコがこちらに近づいてくるではありませんか!

いや、うん、トロッコ通りそうだねって浮かれてたけどよこやまさん来るとか心の準備出来てない。

トロッコの上で飛び跳ねながら観客を煽るよこやまゆうさんがこちらに近づいてくる。

その距離、わずか3m弱。

 

生きてる〜!?!?

 

飛び跳ねた時にぶかぶかのTシャツがひらりとめくれて、素肌が露わになって。

 

白い〜 陶器で出来てる〜!?!?

 

白磁のような肌っていう比喩初めて心から納得した。

というか、白磁なんて比喩よこやまさん以外に使うことを禁ずる。

白磁 オブ 白磁

いや、白磁より白かった。

メラニン色素持ってます???メラノサイト仕事してる???

 

びっくりするくらい細くて、急激なダイエットしてた時期だったから病気なんじゃないかと思うほどで。

お腹いっぱいご飯食べさせてお天道様によく当てたふかふかの毛布でくるんで保護して、ユネスコ

世界遺産級の造形美だから!!!

 

ジャニーズメドレーにノリノリだったはずがもはや放心状態。

美しすぎるものは人をダメにする。

 

放心状態にぶっこまれたアンダルシア。

前にジャニオタになった経緯について記事あげた時にも書いたんですけど知らなかったんですよ。

ジャニオタ必修曲らしいけど、現役で事務所所属してたって活躍してたのが産まれる前で、親の年齢に近い方の曲なんてジャニオタじゃなきゃ知らんがな。

よくよく調べたら大好きなマーシーによる楽曲提供作品だったんですけど、そもそもヒロトマーシーもリアルタイム世代ではないのと、ブルーハーツ時代過剰信仰でハイロウズクロマニヨンズはざっくりしか聴いてない人間なので楽曲提供までは調べてなくて。

ど新規でもゆるおたでもここまでずっと楽しかったのに一気に包まれる疎外感。

周りめっちゃ盛り上がってるし、踊ってるし、え?そもそもこれ誰の何て曲よ???

帰りの電車の中でレポ探して調べましたけど。

ジャニーズについてあまりにも無知で知らないことがあると楽しめることが減るというこの経験がジャニーズ研究したほうがいいんじゃないかという考えになり、今や軽率に他ユニ現場に足を運ぶオタクに。

 

A・RA・SHIのスケスケ衣装見てこういうバカなことに全力なとこが映像見ててたまらなく好きだとおもったので大爆笑しながら曲に乗って。

 

 

そして、ハチフェス!

気まずいKicyu!!!

深夜履歴書書いてる時に眠気覚ましに踊ってた成果を発揮せんとノリノリで踊り。

後にすばる担に「すばる以外のユニットの踊りはさすがにノーマークだった、私も踊りたかった!」と言われてドヤ顔を決める。

 

ヨコヒナtorn!!!!

ジャニウェブでの投票の段階から人気No1と言っても過言ではなかった組み合わせかつ楽曲!

すばるくんが亮ちゃんとペアだったからヨコヒナ来る!!!と思ったけど本当にキター!!!

黒い衣装に風に吹かれる金糸のような髪が映える映える映える。

ヨコヒナがそれぞれ正統のアイドル曲踊ってるだけでもそれなりにテンション上がるのに向かい合ってる!手を組んでる!

oh ジーザス。

tornという曲を産み落としたキッカケのユニットの2人に感謝だし、作詞作曲してくださった方にも感謝だし、衣装作ってくれた方にも感謝。

ヨコヒナが共に生きるこの時代に感謝。

正直なところ、興奮しすぎてあんまり記憶ないんですけどね。

ヨコヒナが美しかった。美しいは正義。

 

村上担から賛否両論、否が多いのはわかってゆけどBabunだって、DVDので見ててシンゴー!ってやりたかったのやれて楽しかったし、エイト全員出てきたらみんなまよわずエイトー!って叫ぶのみんな訓練されすぎでは?と思ったけど楽しくて楽しくて。

エイトレンジャーやヘブンリとかこれまで繰り返しDVDで見たものが全部詰まってた。

 

純情恋花火が流れる中で打ち上がった花火の美しさと儚さ、夢のようなひとときだった。

 

最後の挨拶、横山さんが泣いてるのだけは見てて本当心配になったけど。

芸能人のファンは10年以上してたけど芸人さんは基本泣くことはないし、見たことあってもテレビの向こう側のことだからステージと客席で物理的距離はあるにしてもリアルタイムで好きな人が泣いてるのに出くわすの初めてで、でも何もできないの辛すぎた。

激やせしてた時期だから流れてた重病説鵜呑みにしかけたくらい。

テイチク移籍の涙だってわかるまでは病気なんじゃないかという本気で心配してた。

 

でも、関ジャニ∞が涙で終わるわけはなくて、さすがにファン3年目で何度も聞いてるよ!ってツッコミ入れたくなる定番曲だって初めて体験になるからアンコールだってめちゃくちゃ楽しくて。

 

アンコールの最後、みんなで手を繋ぐのもDVDで何度も見ていて。

勿論、その時点でファンクラブ入ってたし、会員証の裏のEIGHTER NAMEっていう字面を見て、自分は関ジャニ∞のファンなんだってニヤニヤしてたけど。家でテレビ越し応援するんじゃなくて、会場で何万人ものファンの1人として手をつないで、横山さんが言うところのひとつになったとき、とても幸せな気持ちになった。

ファンから見たアイドルは替えが効かないナンバーワンでオンリーワンの存在で、逆にアイドルから見たファンは集合体でしかないと思ってるけど、エイトが大切にしてるファンっていう集合体の1つになれたことにとにかく満ち足りた気持ちでいっぱいになった。

勿論、現場に行ける行けないはチケットの運とか遠征にかかる時間やお金、本人の経済事情や家庭環境も大いに影響するから一概にいわゆる茶の間ファンが悪いなんて言うつもりは毛頭ないけど、現場に行ってみたい気持ちがあって行ける環境にあるなら一度は絶対行ったほうがいい。

 

初めてのコンサート「十祭」に行ったら現場中毒になってその年のツアーは3会場多ステしてしまうようになっちゃいましたとさ。

上手く話のオチはつかなかったけど、以上初めてのコンサート体験記録でした。

 

 

 

関ジャニ∞10周年新規元お笑いオタク社会人の応援スタンスについて

流行ってたのは先週、先々週くらいだよ、と言われてしまいそうなくらい若干乗り遅れた自覚はあるけど今後どんなジャニオタに変化していくのか後で今の状態見返したら何か面白いかもしれないから乗っかっておこうかなと。
大体、昔から流行には乗れないタイプなのでね、気にしない。

【基本情報】

25歳
社会人2年目
首都圏実家暮らし

大学院生の時になんとなく観た音楽バラエティをきっかけに10周年の関ジャニ∞に真っ逆さまに落ちる、ハマる。
小6〜ずっとお笑いオタクで吉本興業の事務所担、バラエティの上手いジャニーズは好きだけど歌って踊るアイドルには興味がなかったジャニオタ3年生。

【担当と推し】

メンバー内で好きな順位は割と明確だけど、基本は箱推し。

推し:HiHi JET 井上瑞稀くん
Funky8 藤原丈一郎くん

お笑いで好きなコンビは、ライセンス・平成ノブシコブシ極楽とんぼ雨上がり決死隊
最近はちゃんと追いかけられてないのでお笑い自体が元担のような立ち位置になってきてると思う。


【TV番組を視聴・録画する基準】

視聴も録画もしてダビングもする
 関ジャニ∞クロニクル
 関ジャム
 ジャニ勉
 ヒルナンデス 木曜日
 エイトのでてる歌番組

自担が出てるので。ただし、編集は超絶苦手なのでCMカットだけして、ベタ焼きすることが多い。
ヒルナンデスのおしゃれ探しは見返さないなと思うようになったので最近はバッサリ切るけど、自担メインじゃなくてもスタジオはほぼ未編集で残す。

村上信五とスポーツの神様
村上マヨネーズ

自担じゃないけど村上くんのアイドルスキルとバラエティスキル両方堪能できるから残す。
村マヨの相棒ブラックマヨネーズは勿論、村スポはアシスタント枠の芸人さんも中堅どころで番組としてお笑いファンとしても楽しく見れるから好き。

ジャニーズ勉強しようと思って去年から毎週録画するようになった。
観たら消してたけど、井上瑞稀くん好きになってからダビングして残してる。

時間が合えばリアルタイムで視聴。
月曜から夜ふかし/ありえへん世界/サタデープラス/イチゲンさん
一応録画してるのでリアルタイムで見れない時は録画を見ることもあるけどTLがそんなに盛り上がってないと見ないで消しちゃう。
夜ふかしもありえへんもイチゲンさんも面白くないわけじゃないけどエイトがやる意味のあるバラエティじゃないと残す意味がないと思う。
その程度のバラエティなら山ほどあるし。

とりあえず録画してる番組
めちゃイケ/アメトーーク/お笑いの好きなコンビが出るネタ番
ジャニーズにハマる前は全部録画してダビングしてたけど最近は観たら消すし、観ないことも増えてきた。

嫌いになったわけじゃないけどHDDの残量との戦いだから優先順位的に止むを得ず。
お笑いオタクの時は画質にこだわってなかったのでお笑い関係の番組は今でも画質は低い。
ジャニーズの番組はフォロワーさんにダビングすることもあるので基本的にDR。

【雑誌を買う基準】

ドル誌
ファンになった時はエイトがドル誌を卒業してたのでドル誌5誌は基本買わない。
ファンになる前の物は集めようと思ってもキリがないのと、ドル誌の文章の薄さというか軽さがあんまり好みじゃない。
MYOJOの一万字は読み応えがあるなと思ったのでエイト7人分は集めましたけど。
瑞稀くんを推すようになってからは立ち読みはしてますがこれは買い!って思える記事にはまだ出会えず。

週刊テレビ誌連載
ジョンのクロニクル、ガイドのジャム、ライフの勉の連載については自担がコメントしてたり扱いが良さそうな時は買う。
最初は毎週買ってたんだけどうっかり買い忘れてコンプリート欲がどうでもよくなった笑

音楽誌・映画誌・舞台誌
自担が載ってれば迷わず買う。
音楽も映画も詳しいわけじゃないけど専門誌の切り口やインタビューは聞き手や書き手のエネルギーを感じるから好き。
自担以外のエイトメンバーがソロ仕事で載るような時はヴィジュアル良かったり、インタビューの中で気になるワードがあると買っちゃう。
マルベス関連は迷わず買いそう……

お笑い雑誌
定期的に刊行してる雑誌がない\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
昔は文句もいっぱい言ったけどお笑いポポロすら懐かしく好意的に思えるよ。

【CDを買う基準】

ファンクラブに入ってからはCDは全種類1枚ずつ予約購入。
ファンクラブに入る前のものは中古で少しずつ集めた。
雑誌はキリがないけど円盤はどうにかなりそうだからコンプリートしようって思ってしまったのが原因。

セクゾンのバックに瑞稀くんがいるのは知ってるんだけどそこには手は出さない。
デビューしたら中古で探すかもしれない。
 

【映像作品を買う基準】

ファンクラブに入ってからはDVD初回盤とBDを1枚ずつ
ファンになる前の初回盤はブックオフで地道に購入。
ファンになる前のBDは持ってないものがほとんどなのでこれからもチマチマと集めようかなあとは思ってる。美しい画質で自担を拝みたい。

後、たぐちくんの脱退発表の後、それまで悩んでたquarter即ポチった。
後でプレミア付いて後悔したくなかったのが理由。

今年はよこやまさんの演技作品を少しずつ集めるのが目標。

【現場に行く基準】

懐と有給休暇の許す限り
関ジャニ∞のグループ活動及びよこやまさんのソロ活動はたとえ日の中、水の中、あの子のスカートの中w
とは言いつつ、元気コン4箇所8公演入ったら一公演一公演のありがたみが薄れた気がするので今年は少しセーブする予定。

グループのコンサートやよこやまさんのソロ仕事以外で、エイトメンバーのソロ活動もチケットの運と縁に恵まれたら喜んで行く。
ただし、よこやまさん以外のメンバーのソロ仕事は多ステはしない。
これは私がよこやまさんに、消費するのがファンだけなんてスケールの小さい仕事してほしくなくて、見たい人がいるなら担当なんて関係ないと思ってるから他担でも私が見たいものは観に行く。
ただ、見たい人が一人でも多く観れた方がいいと思うから担当以外は多ステはしないでおこうと決めている、今のところは。
イフオアだけは多ステしようか迷った、Dear…見たかった……
よこやまさんの仕事に関しては欲張っちゃいけないと思いつつ2回は見たい。
前情報なしに新鮮な気持ちで1回と、1回目見て気になったところちゃんと余裕持って観れる2回目。

エイト以外も、去年フォロワーさんにKAT-TUNに連れて行ってもらって以来、他Gの現場は現場で楽しいのでチケット取れたり声かけてもらったら何でも行く。
ただし、遠征はせず有給休暇は使わない範囲。

【遠征する基準】

自担及び自ユニに限る。
札幌、盛岡、名古屋、大阪は遠征済み。
近場で観れたらそれに越したことはないけど地方は地方で楽しいので地方だから行かないって選択肢はない。
スケジュールと懐事情とチケットの有無で行けるところには行く。 

地方でチケが余ってても自ユニ以外は遠征しない方針だったけど、8月松竹座のANOTHER当たったので見に行ってくる。
エイトいないけどエイトのホームグラウンド一度見てみたかったからこれは例外だと思ってる、演目がANOTHERだし。

【グッズを買う基準】

よこやまさんが写ってるものは絶対買う。
Ex.フォトセット、クリアファイル、ポスター(それぞれ個人と集合)、パンフ
タオルやTシャツは普段使いしないなと気付いたので元気コンは買わなかったけど、よこやまさんプロデュースと言うならばニット帽は買う。
でも、すばソロとイフオアのラグランが可愛かったのでそれは買ったw
ペンラはタンバリン型が面白かったから今年は買ったけど防振双眼鏡で野鳥の会をするスタイルなので今後の購入は形状次第。
これからはタンバリン腕にハメてようと思ってる。
写真飾りは買うか買わないか迷って買ったけど、エイトから届いた年賀状入れたらなかなかおめでたい雰囲気になったので良かったと思ってる。

クリエのグッズ列に並んだ時は使わない(チケットはない)ペンライトは買わなかったけどHiHi JETのファイルは2枚買った。

【ジャニショで写真を買う基準】

よこやまさんが写ってるもの全部。
ジャニオタ自覚後初めてのジャニショで出てるよこやまさん写真全種類買ってしまってから歯止めがきかない。
厳選?なにそれ?商品になってる時点で厳選されてるんだから買わない選択肢がないと思ってる。

【まとめ】

雑誌の類は割と厳選してる方だと思ってるけど写真とか糸目つけないものもあるし、シビアなんだかそうじゃないんだか、自分でも不明。
ジャニオタ3年目の今のスタンスはこんなところ、自担以外で遠征しないルールも崩壊予定だし、来年また見返してみたら色々変わってるんだろうなとは思うので、また来年書いてみようかなと思う。

16.4.29 10ks!感想

およそ1年ぶりにKAT-TUNのコンサートに行ってきたぞー!!!

 
軽くジャニアンチで「関ジャニ∞はジャニーズらしくないから好きなだけ」って言ってた人間が去年の9uarterを皮切りに、えび座、KinKi、ジャニワ、そして再びのKAT-TUN
たった1年でこの有様だ!
(ちなみに、明日は寝盗られるし、7月のサマステも決定している、6月はコイベビに行くか悩んでいる)
 
身内及びフォロワーさんにまで「よっし〜はどこに行こうとしてるの?」と言われているが気にしない。
だって、またコンサートあったら行きたいな!って去年も書いてるし!

 

laboratorynote.hatenablog.com

 まさか、うちわ持とうと思ってた彼がいなくなるなんて夢にも思わなかったけどな!!!

いや、うん、本当はね、秋に10周年コンサート発表された時にファンクラブ入ろうと思ったんですよ。
春にコンサートだから申し込み余裕あるな、ボーナス出たらファンクラブ入ろうと思ってたら11.24 Dead or Alive事変。
TLを見るとたぐちくんに翻意してほしくて、4人のKAT-TUNが好きだって伝えたくてFCに入る人が沢山いたけど、いかんせん、本人たちが解散って言ったら解散、引退って言ったら引退って世界に慣れ過ぎてしまったお笑いオタは恨み言は沢山言ったけど、それが何にもならないことがわかってて、歌番組やバラエティ、あと何回たぐちくんの姿が見えるかなと思いながら年を越して、春が来て、ベストアルバムの発売日と3月末日という期日に少しだけ期待して、でも彼はまだいるのに3人だけの広告、3人だけのアンサーソング。
彼がいなくなることを改めて突きつけられて3月25日、きっとこれが最後の姿だなとテレビ越しにお別れして、やっぱりアイドルの彼をみるのはそれが最後になった。
 
すぐSNSに現れたけどな!!!ビックリしたわ!!!
 
これまで仲良くしてたタレントさんのSNSじゃなくて、誰だよ隣のおっさん!!みたいな登場の仕方、ちょっと心配してるからね。
そのへんの普通の人の自己顕示欲や承認欲求の道具として使われてはいないかい?
いろいろ思うことはあるけど今回はそんな話がしたいわけじゃないからこの辺でたぐちくんのしあわせだけ祈って、本題に戻る。
 
結局ファンクラブには入らなかった。
3人が嫌いなわけじゃないけど、KAT-TUNに好意的になれたきっかけのたぐちくんがいないKAT-TUNをどう見ていいのかわからなかったから。
チケットの当落の直前に充電期間の発表があって、今でこそ前向きな個々が力をつけるための期間だとKAT-TUN担もそうじゃないジャニオタもわかってるけど、ジャニオタじゃない人はまだ否定的な意味で捉える人もいて、3人でももしかしたらKAT-TUNという冠を載せたコンサートは見納めになるのではないかと思うとファンクラブには入らなかったけどやっぱりコンサートには行きたいと思った。
 
オーラス公演じゃなければ、席にこだわらなければ見つかるかなと思ってたらありがたいことにエイトと掛け持ちしてるフォロワーさんに誘っていただいて4.29、東京ドームに足を運んだ。
 
ベストアルバムも初回A盤を購入して、一通り聞いて、聴かなくてもKAT-TUNはタイアップが多いから06年に中高生やっててKAT-TUNヤンキーみたいで怖いって毛嫌いしてても一通り曲わかるんだけどね(その辺りがKAT-TUNのすごいところで怖いところ)
 
席アリーナだったよ!!!!それもバクステかなり近いところ!!!!
見られたいわけじゃないけどこんな席なら、うちわ持ちたかったよ、たぐちくん!!!
 
はじめに3人とファンだけのステージにしたって、メッセージが出てきて、コンサートが始まる。
海賊船KAT-TUN号の出航、本人たちが登場する前に水演出!
水ってここぞって時のじゃないの???
エイトさんなんか1回も水演出しないライブとかザラだぞw 
前回のツアーはCANDY MY LOVEでだけだぞ!
全員30代の男性がセーラー服着てるところに水演出だぞ!!
さすが本人登場前からレーザー使うKinKi Kids兄さんのバックとして誕生したグループだけのことはある。
本人登場前に水。(大事なことなのでもう一度)
開演前にステージにかかっていたこれまでのコンサートロゴがあしらわれた白い布は船の帆だったんだなということにもここで気づいた。
 
完璧に構築された世界観、quarter見た時もそれぞれのパーツが1つになるステージすごいと思ったけどそんな次元じゃなかった。
過去と現在、時空の海を旅する海賊船KAT-TUN号、最初はステージのセンターあったのは、船首にあしらわれたマリア像だったのに、セットチェンジの過程でステージのセンターにあるのは舵輪に変わる。
船の外から船長KAT-TUNを見ていたはずが気がついたら我々観客も船に乗り込んでいるのだ。
 
数字の話は少し下世話だけれども、担当文化があるジャニーズはグループより個人につくファンの方が多いんだと思う。
箱推しという状態だって最初から箱として推すんじゃなくて誰か好きな人を見ているうちに全員を好きになったから箱推しになるケースの方が多分多い(Twitterなどの体感)
嵐やSMAPKinKi Kidsのような人気や知名度がバケモノみたいなユニットを除くと、FCの会員数は大体メンバーの数に比例する。
期限切れた会員番号は欠番になるからグループやファンクラブの設立時期もパラメータの1つにはなるけど。
メンバーが船を降りても船に乗り続けたファンもいるし、途中から航海に加わるファンもいる、でも、単純に3人になってしまったKAT-TUNはファンの総数という意味では不利だ。
事実、次に3人揃うのがいつどこになるかわからないからオーラスのチケットはほとんど出回ってなかったけど、全ステする熱心なファンも沢山いる中4/29と4/30は一般販売でも買えるくらいに余っていた。
元来、FCだけで売り切れてしまって一般販売が空売り同然でちょっと興味のある人が気軽に手を出せず、ファンの中だけでチケットが動くジャニーズのチケット文化はいかがなものかと思ってるので個人的には好ましい状況ではあるものの、デビューシングルでミリオンヒットを飛ばし、東西ドーム連続8日公演をやったユニットが東名阪5公演を十二分に埋められない事実。
聞くところによれば所謂不滅コンも余りに余って半額以下でチケットの譲りがあったとも聞くので不滅コンも適正なキャパ及びスケジュールではなかったのだろうけれども。
 
KAT-TUNと一緒に常時船に乗り、旅に出る船員の数は確かに減ってしまったのだろう。
でも、KAT-TUNのすごいところは、港に海賊船を見に来た人達を船に招き入れてしまうことだ。
はてブロにも◯◯担が10ksに行ってきた話というフォーマットの記事が溢れかえっていたし、もちろんこの記事もたぐちくんを掛け持とうかと考えたこともあったよこやま担が10ksに行ってきた話なんだけど、他担が10ksに行ってきた話の記事は人数が減ってしまった寂しさや悲しさに言及することはあっても、どれもこれも3人のパフォーマンスと演出に魅せられてこれからの彼らの活動を期待するものだった。
 
勿論、私もその一人だ。
3人でも凄かった。
MCで3人の立ち位置に慣れないという話はしていたけれども、たぐちくんの存在を思い出さないくらい3人のパフォーマンスに圧倒された。
人数が少なくなったからパワーダウン?そんなことは全くなかった。
 
ただ1曲、Peaceful Daysを除いては。
去年のドームの天井から見たたぐちくんのことを思い出さずにはいられなかった。
8×24の双眼鏡を覗いても表情なんてわからなかった。
でも、彼がとても楽しそうに恵まれた体格でぴょんぴょん飛び跳ねるたぐちくんの姿を思い出した。
双眼鏡を外しても、ダイナミックに飛び跳ねてることがよくわかる、身体全身で曲を、コンサートを楽しんでいたたぐちくんがいない。
 
春にステージを去ると告げた赤いコート姿も、
タメ旅で春にいなくなることをいじられる姿も
カウントダウンコンサートで歌う姿も、
最後にReal Faceを歌ってその先に伸びる光の道を進まなかったことも、
悲しいと思ったけど、寂しいと思ったのは初めてだった。
あなたがいた場所にあなたがいない。
 
最後のMステで3人で歌うユメユメの映像に胸をえぐらる部分はあったけど、ユメユメはその日初めて見て、3人の曲だってわかってたから悲しいだけだった。
 
Peaceful Daysは6人の時の曲だけれども、私が初めてKAT-TUNのコンサートに行って、一番楽しかった曲だから、もちろん曲の素晴らしさは簡単に失われるわけじゃないけど、簡単に失われないからこそ、そこにたぐちくんがいないことがさみしかった。
 
コンサートが終わるとき、誰か、好きになって帰ってこれるかなと思っていた。
けれども、誰かに対して特別好きが大きくなることはなかった。
 
私は今はこの船に乗って新しく航海には出ない。
けれども、遠くて近い、近くて遠いところからKAT-TUN号の航海の行方を見ていたい。
ずっと一緒に旅はできないけれども、どこかの港でまた船に乗せてもらえるなら船に遊びに行きたいなと思う。
 
KAT-TUN号で旅を続ける3人と船を降りて新たな旅に出た3人、彼らの旅が希望の光で満ちたものになればいいなと思う。
特に、KAT-TUNも含めたエイト以外のジャニーズにこんなに好意的になれたのは、
やっぱりたぐちくんのおかげだから、どうか幸せに生きてほしい。
 
担当じゃないのにめっちゃ重い!
わたしに幸せをくれた人はわたしの100倍は幸せになってもらわなきゃ嫌なんだ!
 
以上、復活コンサート楽しみにしてるからね、KAT-TUN
 
 

14年かけて神様に会ってきた話

ジャニオタが○○した話というタイトルがテンプレートになってきているので関ジャニ∞オタがクロマニヨンズのライブに行ってきた話というタイトルで書こうと思ったのですが、そもそも10周年出の新規でジャニオタの着眼点何一つ持ってないことに気付きました\(^o^)/
何より関ジャニ∞好きになる前からヒロトマーシーが好きで、むしろ、ブルーハーツ好きが関ジャニ∞に転んだ話の方が時系列的には正しいからタイトルに偽りありになってしまうので、タイトルに偽りなくヒロトマーシーの存在を知ってから14年、初めてライブに行ってきた話をします。

ちょっとすばるくんの話もするけどジャニーズと関ジャニ∞はほぼほぼ関係ない話です。
忘れたくないから、記憶の整理をしたいから書きます。
というか、多分、ただのポエムになる。
一種の宗教だから仕方ない。

ブルーハーツを初めて知ったのは2002年冬。小学校5年生、まだ10歳のとき。
香取慎吾くん主演の月9ドラマ「人にやさしく」のオープニング曲がTHE BLUE HEARTSの「夢」
TVから流れてきた曲を聞いた時、身体中を電気が走る抜けるような衝撃が走ったのは今でも忘れられない。

たてまえでも本音でも
本気でも うそっぱちでも
限られた時間のなかで
借りものの時間のなかで
本物の夢を見るんだ
本物の夢を見るんだ

テレビの映像には歌ってる人の姿はない。
のちに知ったことだが香取くん始めドラマの主要登場人物4人がTHE BLUE HEARTSの夢のPVをオマージュしたモノクロの映像が流れているだけ。

ただ、この曲好きだ。そう強く思ったことだけは鮮明に覚えている。



時が少し進んで2003年春、中学生になった。
遅ればせながら我が家にインターネットが通って、少しお小遣いがアップした。
でも、その頃は好きだったコンビ、雨上がり決死隊極楽とんぼのファンサイトを巡ったり、ラジオの書き起こしを読んだりするのに熱心だった。
もともと音楽を好き好んで聞くわけではなかったからあの日感じた衝撃も少しずつ薄れていった。

もう一度THE BLUE HEARTSに出会うのは中学2年生の冬。
雨上がり決死隊極楽とんぼのような当時から中堅芸人と言われていたコンビではなくて芸歴10年未満の若手芸人に興味の対象が移って、そのとき好きだったのが麒麟だった。
まだホームレス中学生が出る前。
麒麟の田村さんが好きな音楽として挙げていたのがTHE BLUE HEARTSの情熱の薔薇。
レンタルショップで情熱の薔薇が入っているBUST WASTE UPと夢が入っているSTICK OUTを借りた。あと、他の曲も聴いてみたいなと思って、ベストアルバムのSUPER BESTを借りた。

ろくすぽ音楽も聞かないのにラジオを予約録音するためだけにテストの点数と引き換えに買ってもらったちょっといいコンポに初めてCDを入れた。

CMで聞いたことがあったリンダ リンダやTRAIN-TRAINを初めて通して聴いた。
もう一度身体に電流が走ったのを覚えている。

レンタルショップで残りのアルバムを全部借りた。
登下校のときに録音したラジオを聞くためにかってもらったMDウォークマン
ラジオのMDはダビングしたTHE BLUE HEARTSのMDに変わった。

後期の楽曲はそれほど好みだったわけじゃないけどTHE BLUE HEARTSの歌は聖書みたいなものだった。

パソコンでもう解散してしまった彼らのことを調べたとき、THE HIGH-LOWSヒロトマーシーの今のバンドだと知った。
ダウンタウンの松本さんが好きな日曜日よりの使者を歌うTHE HIGH-LOWSヒロトマーシーのバンドであることを初めて知った。

THE HIGH-LOWSのアルバムも借りた。
THE BLUE HEARTSの楽曲も後期はそこまで好みじゃなかったから正直なところあまりハマらなかった。
そして、程なくTHE HIGH-LOWSは活動を休止した。

2006年、当時一番好きだった、今でもお笑いコンビの中では一番好きなコンビのライセンスの月1ライブのオープニングが「殺しのライセンス」になった。
彼らのコンビ名は辞書を開いて目に付いた単語に由来するのだけれども、彼らがTHE BLUE HEARTS世代ということが、私は世代じゃないのに嬉しくて嬉しくて、大好きな劇場で大好きな彼らを見るときに大好きなTHE BLUE HEARTSの歌声で幕をあけるというのが堪らなくて、大好きな曲になった。

2006年秋、ザ・クロマニヨンズが結成された。
Mステでヒロトマーシーのパフォーマンスを見た。
動画サイトで見る昔の映像ではない、今のヒロトマーシーを見るのは初めてだった。

THE HIGH-LOWSよりは好き、でも、夢を初めて聞いたとき以上の衝撃は無くて、私はTHE BLUE HEARTSヒロトマーシーを神格化した。

でも、もうTHE BLUE HEARTSは解散した。
ヒロトマーシーは今も歌っているけれど、私が好きになったTHE BLUE HEARTSはもういない。
もう決して増えることのないTHE BLUE HEARTS名義の曲を何度も何度も繰り返し聞いた。

クラスメイトに馬鹿にされたとき、ダンス・ナンバーを聴いた。
成績が伸び悩んでいたとき、夢を聴いた。
親や学校の先生に対する行き場のない反抗心を抱えたときは少年の詩を聴いた。
偏差値60そこそこの中堅進学校でガリ勉している自分に嫌気がさしたときは情熱の薔薇を聴いた。
それでも大した取り柄がないから勉強するしかなくてテスト勉強、受験勉強のときはひとにやさしくを聴いた。


そうして、大学生になった。
初めて「夢」を聞いたとき抱いていた夢はかなえられなかったけど、親元を離れて、地方の大学に進んで、関東ローカルの壁に敗れて思うようにお笑いも追いかけられなくなって、ちょっとだけ真面目に人間関係にも取り組んだ。

18年間人間関係の構築をおろそかにしすぎたせいでうまくいかないことも多くて、学科、サークル、アルバイト、いつも何かトラブルを抱えてた。

高校3年間困ったときに聴くのはTHE BLUE HEARTSだったから大学生になってもいつも聴いていた。
2010年に25周年を記念したベストアルバムが出たときは喜び勇んで買った。

クロマニヨンズ名義でデビューしてシングルやアルバムがリリースされるとレンタルショップに入っていたけれどもCDを手元に残しておきたいとは思わなかった。
でも、全部聞いたことがある曲でもTHE BLUE HEARTSは特別だから手元に残しておきたかった。

それからさらに数年紆余曲折を経て軽く毛嫌いしていたはずのジャニーズのグループ関ジャニ∞のファンになった。
一番好きなのは横山裕さんだけど、メンバーのことを知りたくてネットで調べたりラジオを聴くようになったら、メインボーカルのすばるくんが思春期にTHE BLUE HEARTSに多大なる影響を受けたことを知った。
すばるくんと私では8つ歳が違うのだけれど、8つ年上のすばるくんでさえTHE BLUE HEARTSがデビューしたときはまだ3歳で解散するときでようやく13歳。
多分お兄さんの影響もあったんじゃないかと思っているけれどもおそらく楽曲が発表されたときリアルタイムでは聞いていなかったはずで、それでも何かをきっかけにTHE BLUE HEARTSを聴いて心を掴まれてしまったということに勝手に親近感を覚えた。

ただ、違ったのはすばるくんはTHE BLUE HEARTSヒロトマーシーを神格化してるのではなくて、甲本ヒロト真島昌利を神格化していることだった。

昨年秋にヒロトマーシーがスバラジにゲストで来たときのテンションは誰がどう聞いてもオタクが自分の好きなもの憧れのものを真近にしたときのテンションそのものだった。
そして、フォロワーさんからすばるくんとクロマニヨンズが以前番組の企画でセッションしていたということを教えてもらってネットで探した。

ヒロトマーシーもすばるくんもみんなみんなかっこよかった。
ドキドキゾクゾクした。

THE BLUE HEARTSヒロトマーシーを神格化するんじゃなくて、今のヒロトマーシーを一度見に行ってみたいと思った。

発売されたばかりのアルバムJungle9を提げてツアーを回り始めたばかりのときで11月の赤坂はさすがにチケットがすでに売り切れていて、1月のZepp関ジャニ∞のツアーとだだ被りだった。

半年近く先の4月のチケットを買った。

2016年4月19日 中野サンプラザ
ステージに登場したヒロトマーシーは、何度も繰り返し見た当時のPVと比べておじさんになっていたけれど、紛れもなく10代の時の私の神様だった。

物凄い爆音の中、今このとき同じ時間をヒロトマーシーも生きていることに感謝した。
そして、ちょっとだけ泣いた。
東京ドームとかと比べたらめちゃくちゃ小さいし、バンドセットもこじんまりしてて、ステージから降りてくることもない。
せいぜいマーシーのギターのコードが伸びる範囲でステージの左右動いてピック投げるくらいのパフォーマンス。
ただ、生きてるだけでファンサというか、あのヒロトマーシーが作り出す音の中にいられただけで幸運だった。
THE BLUE HEARTSヒロトとかマーシーとか、冠に拘っていた自分の愚かさを恥じた。
ヒロトマーシーはずっとヒロトマーシーだった、きっとこれからも。
10歳の私の前に現れた神様は25歳の私にとっても変わらず神様だった。

また必ず神様に会いに行く。
今度はライブ用の耳栓着けて。

14年かけて神様に会いに行ったらロック難聴になっちゃったよ!!!
信仰も楽じゃないね。
一応回復傾向は見られるとのことなのでネタにしてますが、耳の蝸牛外有毛細胞は基本的に再生しないそうです。
6年も生物の勉強してたけど知らなかった!

すばるくんもクロマニヨンズに行くときは自分の耳は守ってね!
あと、す担はじめエイト担ですばるくんきっかけでクロマニヨンズ行くの絶対楽しいと思うけどライブ慣れしてない人は耳栓を用意することをオススメします。
耳を守って楽しいライブライフを!









25歳ジャニーズ初心者(ジャニオタ3年生)が2016年度やりたい10のこと。

2016年度の目標です。

今度の目標はジャニオタってことだけじゃなく25歳社会人としていい大人になるための目標も含みたいと思っています。
いかんせん、24歳まで学生やってたからまだまだ学生気分が抜けない。いよいよ後輩できるから少しはしっかりしないと。
 
まずは、去年達成できなかった目標で今年こそ達成したいことから
関ジャニ∞のCDシングル、アルバム、ツアーDVD・BDを全て集める。
→シングルは色違いミサンガで7形態あった関風といろはの全国デビューの初回プレス以外は集めた!
 
優先順位はアルバム通常盤>BD>DVD通常かな。
あと、関パニを実は持ってないのでバラエティオタクとして今年はちゃんと買う
関パニは観たくなったらレンタルできるからついつい後回しになってたので。
 
横山裕さんの(映像化されている)ドラマ・映画出演作品を全部見る
去年映像化されてる作品は全部見ると言ったもののあまり達成できなかったので今年こそ!
 
P.S. 元気です、俊平(TBS、1999年6月24日 - 9月16日) - 下川啓介 役
左目探偵EYE日本テレビ、2009年10月3日・2010年1月23日 - 3月13日)- 田中夢人 役
0号室の客(フジテレビ、2009年10月23日 - 2010年3月19日) - ストーリーテラー/ホテル支配人・椎名 役
13歳のハローワークテレビ朝日、2012年1月13日 - 3月9日)- 高野清文 役
 
関ジャニ∞メンバーのかつてのソロ仕事の映像をできるだけ見る
ファンになってからはごめんね青春にぬ〜べ〜、クローバーなど演技のお仕事はできるだけ追ってるし、チケットがあればすばるくんや村上くんのコンサートや舞台にもお邪魔させてもらってるんですが、リアルタイムでの露出が多すぎることもあり、担当のよこやまさんですらファンになる以前のお仕事は追いきれていない状況ではありますが、時間を見つけて少しずつ他ののお仕事も見ていきたいと思ってます。
元二宮担だった従妹からもう見ないからって理由で大奥のDVDもらったから手始めは大奥かな。
それ以外は主演作品から順々の予定。
 
④遠征をもっと楽しむ!
リサイタルで行った盛岡、じゃじゃ麺発祥のお店行ったらお盆でお休みだったし、札幌はきのとやのタルト売り切れてたし、名古屋でもエビフライサンド売り切れてたし、大阪はまだまだエイトゆかりの地があるので2泊くらいじゃダメだったw
今年も5大ドームなら福岡は行きたい。
年末年始の大型特番を終えたあとのコンサートMCが楽しそうで実家で地団駄踏んでた。
お正月はお店がいろいろしまってるとは聞くものの福岡グルメ美味しそうだから今年は福岡行きたい。
 
⑤ほかのジャニーズグループの映像作品を観たり縁があったら現場に行ったりする
「よこやまさんを最初で最後の担当にしたい」と言いつつ、お笑いオタクとしては吉本興業DD(吉本興業なら大体好き)という気質を持っているので現場に飛び出したら最後、順調に好きな人が増えています。
「担当って言いたいのも言えるのもよこやまさんだけ」とは思ってますが、今年もいろんなものを見て「好き」と思えるものが増えるといいな。
エイト以外は有給休暇使わない&遠征しない(関東以外は日帰りでも遠征とみなす)ルールだけ決めて後は運とご縁があったら何でも行きたいなと思ってますのでチケット余ってるなんて事態がございましたら声掛けていただけると嬉しいです。
 
⑥Jr.の推しの応援を通してジャニーズの楽曲を知る。
エイト以外のジャニーズについても知りたいなと思ったのは、よこやまさんがジャニーズに誇りを思ってることと、十祭でジャニオタ必修曲アンダルシアがわからなかったことから始まります。
ただ、テレビっ子だったので、アンダルシア以外は踊れないものの全部知ってる曲ではあったんです。
ジャニーズ露出多いから楽曲の勉強は簡単かなと思ってたんですよね。
そんなことなかった\(^o^)/
エイトを好きになってカップリングやアルバム収録曲にファン以外は知らない隠れた名曲が多いって知ったのに何故簡単だと思ったのか!!!
2月3月推しのJr.井上瑞稀くんが歌った曲、サビだけはわかる曲どころか曲名すら聞いたことなかった。
相変わらず興味の薄いJr.くんが歌ってる歌は右から左にすり抜けていくんですが推しが歌ってる曲だけでも出典とかタイアップとかその曲の歴史など色々確認にしていこうと思ってます。
 
⑦VHS再生環境を整備する。
今年こそ!
買ったはいいけど見れてない素顔見たいし、ちょい役らしいけど幼いころのエイトが出てるらしいKyo to Kyoもみたいと思ってるので。
あと、お笑いオタク時代のVHSにデビュー年にでためちゃイケ残ってることもあり、エイトが映ってるものは多分それくらいしかないんだろうけど捨てるに捨てられないVHS100本必要なものだけでも映像救出したい。
映像救出できたら捨てられるから部屋にスペース確保できるし一石二鳥。
収集癖のあるオタクを建売住宅一部屋で続けるのは中々至難の技だと思う。
 
⑧資格試験の勉強をする
2015年度社会人になって自由に使えるお金を手に入れたこともあって、遊びすぎたなと。
特に院生時代の2年間は朝8時に家を出て帰宅するの0時って生活を月〜土の週休1日で送ってて、趣味に時間割くどころか日々の生活もままならないくらい研究優先の毎日で、同じ理系の友人からも家畜以下の生活と言われるくらいの日々だったので自由に使えるお金以上に自由に使える時間の反動がすごかった。
だって、週休2日って、1日寝て過ごしてももう1日遊べるんですよ???
ただ、いろんな沼に頭から突っ込んではしゃぎ倒してこのまま過ごしていくことが少し怖くなり……
2〜3年くらい流行病みたいに急激に熱くなってシュンと冷めてオタ卒できるならそれはそれでいいんですけど、多分、ジャニオタはオタ卒できたとしても死ぬまで何かのオタクはしてると思うんですよ。
一生オタクなら後ろ指指されることがないようにオタク以外の場面もちゃんとせねば!と思ったので仕事につながる危険物取扱責任者とTOEIC(目標スコアは内緒)は取る。
 
⑨読書する。
目標は年間50冊、週1ペースで読めればいいかなと。
中学生くらいまではわりと読書好きで大衆文学と推理小説ばっかりだったけど、年間100冊は読んでた。
高校で物理選択して大学4年と修士課程2年と10代後半から20代前半を生物学に捧げる生活してたら目を通すものは本じゃなくてweb上の論文ばかり、本を読んでも関連する研究のさわりが書いてあるような新書とか、めっきり小説読まなくなっちゃったから読書も再開したい。
まずはよこやまさんが主演する破門。シリーズになってて一作目は読み終えたんだけどまだ2作目の上巻で止まってるw
 
⑩おしゃれに気をつかう
25歳にもなって何言ってたんだ?と思われるかもしれないけどボサボサ頭でメガネかけてチェックシャツ着てリュックしょってる典型的な理系オタクのイメージは男性だけじゃなく女性だって似たようなもん。
いや、人並み程度には美容やファッションに気を使う人もいるけど気を使わなくてもそれはそれで許される世界。
大学いた頃、スカート履いてくと実験させてもらえないんですよ。(ヒラヒラどっかに引っ掛けて試薬こぼしたり事故引き起こしたりするとダメだから)
ちなみに、実験一回でも欠席すると単位もらえず、実験の単位は進級必須だったりするから、うっかり服装間違えた日には即刻留年。
あと、スカートじゃなくてもショートパンツもダメ。タイツレベルじゃ試薬から身は守れない。
白衣着たって100%私服覆えるわけじゃないから試薬だったり、大腸菌培養した液だったり、動物の体液だったり飛んでくるわけで、配属先の研究室はスカートとか日々可愛い服で実験してる先輩もいたけど、どうせ汚れるなら安くて動きやすい服がいいとG.U信者。
化粧だって人並みに気を使ってる人は勿論いるけど世間的にはすっぴんで出歩いたらマナーがなってないとされる年齢層でもすっぴんで出歩いてるのが研究室という魔境。
研究室にいた頃はおしゃれなんて面倒くさいし、しなくたって生きていけるならそれでいいって思ってたし、今でも面倒くさいって思ってる。
正直、就職先も研究職ではないけど理系の会社なのでおしゃれに気をつかう女性気を使わない女性の比率は学生時代とさほど変わらず、普通にすっぴんで会社来る人いるくらい。
ただジャニの現場はみんなめっちゃオシャレだから「死ぬ」って思う。ってか、現場とオタ会の度に「社会的に死んだ」って思う。
偏差値30の学校の勉強ができると偏差値70の学校の勉強ができるって違う。
ジャニの現場行くと私が知ってるオシャレに気をつかうの基準が偏差値30の基準だと思い知らされる。
25歳にもなって何言ってたんだってレベルだけど何とか人並みにファッションとメイクに気を遣えるようになりたい!!!
目指せオシャレ偏差値40くらい。

20代もとうとう折り返してしまったので20代後半戦後悔しないようにオタクに仕事に頑張るぞー!

 

24歳ジャニーズ初心者新社会人が2015年度実行したい10のコト:達成度確認編

目標を立てたら到達度を確認しましょうということで、2015年度のまとめです。

 
社会人ももうすぐ2年目になって年度意識するのは少しずつ減っていくんでしょうが、人よりちょっと長めに学生してたのと誕生日が3月末なので誕生日迎えて新しい一年のスタートと言いますか、1月より1年の節目は4月始まりの方が個人的にはしっくりきます。
 
10のコト、正確にはおまけも入りますが昨年末立てた目標は次の通り。

laboratorynote.hatenablog.com

 

関ジャニ∞のCDシングル、アルバム、ツアーDVD・BDを全て集める。
→シングルは全部集めました!
(色違いミサンガで7形態あった関風といろはの全国デビューの初回プレスは除く。初回プレス某中古店で見かけたけど買うメリットが見つからなかった…)
 
あとアルバムはズッコケ、Fightと8ESTの通常。
映像はエキサイトの初回と47〜JBの通常とFightコン〜JBのBD。
残りはゆるゆる2016年度あつめていければいいかなあと。
 
 
②BDレコーダーを購入する
トリプル録画買っちゃったぜー!
パナソニック 1TB 3チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRZ1000
 ファンになってから初めて新番組が始って、新規なりにせめてこれから始まる番組くらいは最初から高画質で保存したい。という目標は叶えられております。
関ジャニ∞クロニクル初回からDRで全部残してるから容量食ってしょうがないけどw
 
③WSのチェックを完璧にする
BDレコーダーを購入した暁には、WSのチェックに挑戦したい。
と言っていたものの結局無理だった。
パズルみたいにWSの時間組み合わせて予約して毎日チェックして必要なとこ残す習慣がつかなかった。
あと、これは、掛け持ちとか事務所担で毎日誰かしら好きな人がWSでる人じゃないと続かない気がする。
引き続き事前に情報が分かってるものとか、出そうだなって日は頑張ってやってます。でも、多分これ以上は頑張らない。向いてない。以上。
 
④VHS再生環境を整備する。
これが後回しになっておりまして。
もう普通のお店じゃ手に入らない以上ヤフオクとか使うしかないんですがジャンク品掴まされるのが怖くてなかなか踏み切れず。
部屋のデッキ色々置いてるスペースにVHSプレーヤーを置くスペースはあるのであとは思い切りだけかな。
 
⑤防振双眼鏡を買う。
買ったし、こんな記事も書いた。

laboratorynote.hatenablog.com

laboratorynote.hatenablog.com

 

 

札幌初日を終えたあとこんなことを呟いていて、フォロワーさんにもう防振双眼鏡のないライブには戻れないとリプライしてたにもかかわらず、この時既に札幌ドームに防振双眼鏡(お値段10万円)を忘れるという担タレ、発見されるまで生きた心地がしなかった。
よこやまさんのこと好きだけど、忘れ物の担タレはやりたくない。
でも、ケータイ落としてなくしたことあるし、家の鍵も2回くらい落としてるし、ATMでお金下ろしたのにお金取るの忘れたり、あと、お金は取ったけどカード取るの忘れたりしてるから本当どうにかしたい。
もう防振双眼鏡なくすのが怖かったのでGPSをつけました。(真顔)
横山裕さんの(映像化されている)ドラマ・映画出演作品を全部見る
担当を名乗るからにはこれまでの演技の作品も全部見たいと思って、せめて映像化されているものだけでもと思っていたけど、今年度見れたのは、新宿少年探偵団のみとなりました。
近くのレンタルショップになくて購入する必要があることと今年度はよこやまさんのソロ仕事より関ジャニ∞のシングルなどを集めることに注力したので、予算的に仕方ないかなとは思ってるんですが、これは引き続き来年の課題。
 
P.S. 元気です、俊平(TBS、1999年6月24日 - 9月16日) - 下川啓介 役
左目探偵EYE日本テレビ、2009年10月3日・2010年1月23日 - 3月13日)- 田中夢人 役
0号室の客(フジテレビ、2009年10月23日 - 2010年3月19日) - ストーリーテラー/ホテル支配人・椎名 役
13歳のハローワークテレビ朝日、2012年1月13日 - 3月9日)- 高野清文 役
 
 
⑦ほかのジャニーズグループの映像作品を積極的に見る。
コンサートDVDで見たのはトニセン、嵐、KAT-TUN
あと、アルバムやCD特典だったらキンキとセクゾンも。
でも、映像見るより現場に行った方が楽しいことを覚えてしまった!
映像を見るということからは少し逸れたが他グループを知るという目的は当初想定した以上に達成できたと思う。
多分現場に行った分のお金使えばよこやまさんのソロ仕事の映像作品見れた気がするけど、現場の楽しさには変えられないので無理のはない範囲でこれも引き続き継続予定。
クリエに行きたい。
 
少年倶楽部を見て過去の楽曲を知る。
十祭のジャニーズメドレーでアンダルシアがわからず会場の盛り上がりについていけなかったことが悔しかったので毎週の少年倶楽部のチェックを習慣にすることを目標にしていた。
これは無事クリア。
リアルタイム視聴は叶わないことが多いがとりあえず水曜日は帰ったら録画見る。
お陰でえびとセクゾンだいぶ詳しくなった。
 
⑧'ジャニーズJr.に推しを作る
⑧のおまけ。
この記事でも報告してますが、井上瑞稀くんを好きになりました。

laboratorynote.hatenablog.com

 記事の漢字間違ってるあたりが勢いで書いたことがよくわかる。

⑧で少年倶楽部見るようにはなったんですけど、全然エイトの曲ないじゃないですか、正直顔もよくわからない子たちが知らない歌歌って踊ってても右から左へすり抜けていってたんですよね。
だから正直2015年12月までは少クラの内容あんまり覚えてないしJr.覚える作業も捗ってた訳ではないです。
本当に年明けてからこの数ヶ月。
瑞稀くんとシンメの橋本涼くん、HiHi JETの羽場友紀くんに猪狩蒼弥くんはちゃんと顔と学年は覚えましたー。
いまはクリエA公演一緒にやるClassmate Jをお勉強中。
クリエに行きたい(2度目)
 
⑨2015年バレーボールデビュー組に贔屓をつくる。
担当である横山さんの初主演舞台など、11周年目でもまだまだ楽しいこと新しいことはあったのですがデビューしたての若いグループの、関ジャニ∞はもう通り過ぎてしまった景色を見てみたいなと思ったので次のデビュー組のデビュー出の永遠の新規になってやろうと思っていたのですが、
www.oricon.co.jp
Sexy Zoneが続投し、結局2015年のデビュー組は誕生せず。
結果推しも作れず。
WESTの次にデビューするユニットがいたらゆるゆる応援する子は作りたいとは引き続き思ってます。
次にデビューするのがHiHi Jetだったらいうことないんですけどねー。
 
関ジャニ∞のツアー全ステしてみたい。 
全ステするには確実にファンクラブの名義が足りないのでこれは言うだけにはなりそうなんですが、全ステは無理でも入れるだけ入ってみたいし、今年も5大ドームなら福岡、大阪にも足を延ばして観光もしたい!と思っていた去年。
全ステは無理でした!社会人になってある程度お金の余裕はできたけど貯金がないのでさすがに厳しかったし大阪平日休みとるのは新入社員にはハードル高かった!
でも、ありがたいことに行きたかった大阪公演まさかのハプニングがあったけどオーラス入れたのはとってもありがたかった。
今年は全ステじゃなくても5大ドームなら5箇所、福岡にも行きたい。あと、やっぱりオーラス入れたら嬉しいなあとは思う。高望みはしないけど。
 
というわけで、アイドルじゃなくジャニーズだと思っているという横山さんの発言に*1、横山さんの世界を少しでも理解するために、関ジャニ∞だけじゃなくジャニーズ全体をお勉強を試みた2015年度、ときどきお笑いオタクの常識が通じなくて、ジャニーズとジャニオタ独特の雰囲気にのまれて「何これ、もうやだ!」と思ったことがないわけではないけれど、充実していたので2016年度も引き続きジャニーズ学の単位取れるように無理なく楽しく頑張ります。

*1:2015年2月28日サワコの朝