読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジッケンノート

社会人を目前に初めてジャニーズに落ちた人間がどのような経過を辿るのか記録する

今更すばるくんのソロライブ感想。

関ジャニ∞を好きになるまですばるくんのことはちょっと苦手だった人間が何やかんやありつつすばるくんの歌声に惹かれてしまっている話をしながら今更な味園ユニバースとソロライブ感想を書く。

 
苦手だった理由は一つ。
苦しそうに歌うから。
 
すばるくんの歌は上手い。
すばるくんの歌は熱を持っている。
すばるくんの歌は力を持っている。
 
そんなことはジャニーズが好きじゃなくても、音楽は特別聞くことがあんまりなくても簡単にわかることだと思う。
 
今から10年前に出演しためちゃイケSPで台本ありきとは言え三馬鹿のお笑いポテンシャルの高さにこの人らすごい、関ジャニ∞なんかいいね。と思った私はその後長々とゆるゆるとTVに出てたらちゃんと見るようになった訳ですが、歌番組でたまに見るすばるくんは楽しい明るい歌でも苦しそうに歌ってるように見えて何となく苦手だった。
よこやまさんも心ここに在らずみたいにボンゴ叩いているの見たことあったけど、トーク部分ではよくしゃべってることが多かったし、何より私はお笑い好きだから分かりやすくトークが上手い人が好きで、すばるくんには微妙な苦手意識を持ちながらヨコヒナの好感度をじわじわと上げていた。
 
カヴァ☆コラで、よこやまさんのバラエティーとのギャップにコロッと落ちて関ジャニ∞を好きになろうと決めて、カヴァ☆コラを何度も見返していた時もトランペットのあったアニメメドレーやヒナちゃんのジュピター、大山田のひこうき雲、ジャニーズメドレーは何度も見た。
でも、すばるくんのTAXIは原曲の曲調もあるんだろうけれどもやっぱり苦しそうに歌うから見返すどころか早送りして避けた。
 
関ジャニ∞を好きになって、すばるくんのバックグラウンドもネットで調べられる範囲のことは調べて、一応黄金期触れてるから西のすばる時代は知ってたけどその後すばるくんがどん底を見たことを知った。
デビュー後ですらすばるくんの望む音楽性とグループの方向性で葛藤していた時期があったことも知った。
 
すばるくんにとって歌は何処までも羽ばたいていける翼であって、でも、すばるくんを縛り付ける鎖でもあった。
新規でも表層だけは簡単に知ることはできた。
 
すばるくんが苦しそうに歌う理由の末端は知っても、やっぱり苦しそうに歌うのはどうしても好きになれなかった。
楽しいことが好きで芸能人を応援するから。
もちろん、これまで大好きだった芸人さんだって辛いこと悲しいことがあったことはファンなら知っている。
それでも、顔で笑って心で泣いて、そうやってステージに立つ芸人さんを応援してきたから、感情や思いを全て込めて歌うことはアーティストとしては間違ってないのかもしれないけど、好きにはなれなかった。
この頃は、ジャニ勉という圧倒的なホームではすばるくんがやっぱり面白いことを認識して、メインボーカルと言われているすばるくんの歌を好きになれないのは損してるかもしれないけど、すばるくんのことは嫌いじゃないから、まあいいか。とちょっとだけ強引に自分を納得させて、就活が終わったので迷わず好きなタレントを横山裕にしてファンクラブに入会した。
 
会員証と一緒に届いた会報。
よこやまさんとすばるくんが並んで写っていた。
2人がメンバー内で一番仲が良いことももう知っている。
でも、私は芸人のコンビのようなお互いのプライベートは干渉しない、でも、同じ目標に向かって仕事をする関係性が好きだから、よこすばよりよこひなの方が好きだ。
でも、すばるくんとのツーショット写真を写メって友人に送りつけた。
2月に会った時に関ジャニ∞いいよね。とおしゃべりが盛り上がった彼女はJBのDVDをきっかけにすばるくん担当になっていたけど、まだファンクラブには入っていなかったから、ファンクラブに入れば会報でこんな素敵な写真が見れるよと。
当時ゆるくパーマの掛かった長髪のすばるくんの色気たるや、それはセクシーで。
隣に座るよこやまさんはまだ急激なダイエットの前でふっくらとした白いマシュマロのような顔立ちをさらに甘く見せる茶髪で美しくて。
見た目は好きだけど、核である歌はまだ苦手意識が消えなかった。
 
すばるくんの歌の苦手意識が薄れたのは十祭だった。
初めてのジャニーズと金髪で身体を絞ったよこやまさんに終始興奮していたのだけれど、アコースティックコーナーで演奏された「ありがとう。」
最後のワンフレーズ、楽器の音も何もかも消えて、すばるくんが歌った時、空を割ってまるで宇宙まで届いてしまうんじゃないかと思った。
 
担当が違うと同じコンサートでも観ているものが違うから一緒に入った人同士でも感想が全く異なると言うのはジャニーズあるあるらしい。
遠くても自担ばっかり追っていた私と遠くの自担より近くの他担でメンバーを見ていた相方とは全くというほど感想が噛み合わなかったのだが、すばるくんの最後のワンフレーズの感想については完全に一致した。
『すばるくんの歌は宇宙にだって届く』
 
秋、すばるくんのフェスの参加が決まった。
十祭の後、迷わず好きなタレントをすばるくんにしてファンクラブに入った相方はフェスにも行きたかったようだけれども大学の都合がどうしてもつかずに断念した。
6月に発表された初主演映画『味園ユニバース』のクランクアップの後にファンクラブで番協があって、すばるくんが歌う映像を撮っているということは知っていた。
映画に合わせたソロデビューはすばるくん担当以外でも薄々感づいていたと思う。
 
11月末、ソロデビューとソロライブツアーが発表された。
キャパは1番大きなZEEP Diversityでも2000ちょっと。
5大ドームでツアーをするグループのメインボーカルのやる規模じゃないことは明らかだった。
 
相方からのLINE。
『キャパが1番大きな東京でオーラス前と1番近い仙台申し込みしたい』
「いいよー? 1枚でいい?」
『え? 行かないの? 仙台遠い?』
 
すばるくん担当の相方に実はすばるくんの歌が苦しそうで苦手なんてこと伝えられていなかった。
ソロデビューとキャパの問題で阿鼻叫喚と化したTLに対して、私と同じくジャニーズ初心者の相方は何の不安すら感じているように見えなかった。
どうせ、当たりっこない。
相方の呑気っぷりに呆れて、形だけ、形だけ。と2枚申し込んだ。
 
12月初旬。
何とチケットが当たってしまった。
相方の喜びのLINEのメッセージ。
相方にやったねと返信をしながら新規の他担が、それもどこかですばるくんの歌に苦手意識が残っている人間が行っていいのか自問自答を繰り返した。
地方公演だから譲りを求める人は少なかったけれどもいつでもどこでもというチケツイをいくつか見かけた。
 
12月15日、関ジャニズム東京公演。
遠くても自担を追いかける私が思わずモニターのすばるくんに釘付けになった。
すばるくんが本当に楽しそうにニコニコ笑って歌っていた。
この歌を歌うすばるくんをテレビやライブDVDで何度か見たけれどもいつも苦しそうに歌っていたから、どうして?何故?と思った。
 
 
 
すばるくんが楽しそうに歌う理由が知りたいと思った。
新規の他担が…という少し後ろめたい思いは残ったままだったけれども、すばるくんに対するどうして?なんで?が消えなくて2月仙台へ向かった。

 

鳥肌が立つという表現を感動したときに使うのは誤用で、本来は寒さや恐怖などを感じた時に使われる表現だ。

私が、このとき感じた背筋が震えるような感覚はまさしく、恐怖だった。

余計なものが何もない、すばるくんの歌だけで満たされる空間。

それまでのライブDVDや関ジャニズム公演などを通して知っていた苦しそうなまでに力強く歌うすばるくんの歌がとんでもないエネルギーを持っていることはわかっていたけれども、優しく柔らかく歌い上げるスワロウテイルバタフライの歌のエネルギーがとんでもない勢いでせまってきて、自分の理解の範疇を超えたすばるくんの歌に覚えたのは感動を通り越して畏怖の念だった。

私は昔から理屈っぽい人間で、20数年生きてきてジャニーズにハマると思ってなかったからと言ってその理由を考察するにわざわざブログなんて始めてしまうくらいには理屈っぽいのだけれど、己の理解の範疇を超えたすばるくんの歌にあたまがいっぱいになってしまった。

 

十祭、関ジャニズム、ソロライブ。

よこやまさんを好きになって、関ジャニ∞のファンになることを決めて1年。

すばるくんの歌を好きになったのかと言われたら少し困る。

最近のすばるくんはずっと楽しそうに歌うけど、また苦しそうに歌うすばるくんをみるかもしれないから、そのときそれも好きと言える自信はまだないから。

でも、すばるくんの歌が放つ圧倒的な力には興味がある。

歌がうまいだけじゃない。

どうして、そんなに人を魅了することができるのか。

 

よこやまさんのことは好きだから知りたい。

すばるくんのことはわからないから知りたい。

 
 理屈っぽい人間は自分の理解を超えたものをどうしても理解したくてたまらない。
ど新規の他担がすばるくんの歌の力を理解する日なんて来ないのかもしれないけれど、できる限り見続けたいとそう思わせてくれたライブだった。
 
 
今でも新規の他担、それもすばるくんの歌に苦手意識があったやつが行ってよかったのかと思うこともあるけど、気になるものがあってそれに触れるチャンスにがっついたのは間違いじゃなかったと思う。
 
今更過ぎるすばるくんのライブ感想でした!