読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジッケンノート

社会人を目前に初めてジャニーズに落ちた人間がどのような経過を辿るのか記録する

ジャニーズ初心者が防振双眼鏡を買うまで

ジャニーズアカウントとして使っている@h4d44で防振について初めてツイートしたものから防振デビューするまでのツイートを纏めてみました。

東京近郊の家電量販店で防振双眼鏡の購入を考えている方の参考になれば。

 個人的関ジャニズムオーラスの後の決意。
相方とはいった東京公演で前の列の方がごつい双眼鏡を持っていたので、防振双眼鏡の話になったのが、リアルで一番最初に防振の話をした日だったと思う。

 申し遅れました、わたくし、学生の頃少しばかり写真をかじっておりまして、高校生の時に入門機とは言え10万弱のカメラをお年玉数年分で購入しているため、レンズ製品に対して金銭感覚が麻痺しています。

 

 結局マクロレンズ買えてないし、なんならカメラ自体修理出さなきゃいけないのに、関ジャニ∞に娯楽費使いすぎててカメラの修理費捻出できないまま早半年。

 

 ふざけた金銭感覚してますが、このときまだ学生w
しかし、メンズノンノ2月号の横山さんが首からカメラぶら下げててSo Cute!だった。
あんな爽やかな先輩写真部に居なかった...

 

そして、社会人になり、5月のKAT-TUNコンサート天井席から見た結果。

 レーシックはやっぱり怖いので、防振双眼鏡で。

(裸眼視力0.1)

そして、いよいよ本格的に防振購入に向けて動きだします。

 

これらのツイートに対して既に防振双眼鏡参戦の先輩であるフォロワーさんから秋葉原のお店で試せたこと、ドームでも10倍で十分なことを教えていただきました。

 

初めて買った一眼が10万だからそれより高いか安いかが基準になってしまっている……

ちなみに、私が在籍していた写真部でよく言われていたことだけど、カメラ、時計、車が趣味の男は金銭感覚が破綻してるケースが多いので結婚するなって話がある。

話してた先輩が部の先輩と付き合ってて、後輩のツッコミまで入れてワンセットなんだけど、カメラかじってる人は男女問わず金銭感覚破綻してる人は結構いる。

一月空いたけど、ついに実地調査(家電量販店)へ。

 実際に見に行く前はNIKONの12倍を第一候補に上げていました。

 

 ドームは10~12倍推奨であることと、カメラバカは各々お気に入りのメーカーがあることが多く、ちなみに私はNIKON派。

デジタル一眼もフィルム一眼もコンデジまでNIKON

私 はそこまでこだわりは強くないほうだけど、(初めて買ったのがNIKONだったので同じメーカーで揃えたかっただけ)人によってはお気に入りのメーカーの 話をきっかけに血で血を洗う抗争になるケースがあるのでカメラ好きの前で不注意に特定のメーカーを褒めるのは気をつけましょう

 この日試せたのはCanonの10倍とNIKONの14倍でした。

 

 

ちなみに、秋葉原の家電量販店の防振双眼鏡事情はこんな感じ。
家電かつオタクの聖地意外と防振双眼鏡には対応してない模様。

 NIKON派として、NIKON12倍を試さずに防振双眼鏡の購入には踏み切れなかったので家電量販店めぐり第二弾は帝国劇場や日生劇場のお膝元有楽町のビックカメラ

 ちなみにカメラバカは金銭感覚だけじゃなく、ゴツさに対する感覚も麻痺している。

 10×30で600g,12×36で660g。カメラバカの基準では軽い。

 ただ、NIKONはごついんですよね。重量14倍で1340、12倍でも1130g。1kg超。

NIKONの防振のいいところは、スイッチで防振オンオフできることで、一度スイッチ入れちゃえばずっと防振モード。
Canonのように防振のボタンを押す手が震えて視界がぶれるっていう事案は発生しにくいのが魅力。

 

 

相方と私とカメラにまつわるエピソードとしては大学の謝恩会の日に前述のNIKON D40Xを持って行こうとして(当時コンデジ修理中だった)、「ドレスアップして一眼レフ構えるバカがいるかー!?お前は業者かー!?」とツッコまれたエピソードがあり、この時も写ルンです買ってあげるから一眼レフ置いていきなさいと切々と注意された。(結局部活の友人からふた回りくらい小さいカメラ借りた)

 

第三弾は新宿の家電量販店

新宿西口のビックカメラは双眼鏡売り場が2階のペデストリアンデッキ側の入り口そばにあるため、自動ドア越しに外をのぞくことが可能なのが最大の魅力。
これまで実地調査を行ったアキバ・有楽町も店員さんに頼めばガラスケースから出してのぞかせてもらえるんだけど、店内10倍で見ようが12倍で見ようがそこまでちがいわからないもんなので、どうしても外がのぞいてみたかったということで3回目は新宿までやってきたわけなんですが、デモ機が10×42しかなく。

 

高い買い物ですから後悔しないように店員さんにはできるだけ交渉!

 10×30と12×36の比較をしに行ったはずが……

 倍率じゃなくレンズの問題です。いいレンズなんですよ。

 1110gですけどね。さすがに、12倍よりはごついけど、NIKONに比べたら軽いw

 普通の双眼鏡アナログ、10×30と12×36ブルーレイ、10×42 4K画質!と言えば伝わるでしょうか。それだけ、10×42はすごい。お値段もすごいけど。

 そして、ついに。

 

Canon 双眼鏡 12×36 IS ? BINO12X36IS3

Canon 双眼鏡 12×36 IS ? BINO12X36IS3

 

 コンサートの相棒に就任したのは彼。10×42とぎりぎりまで悩んだんですが、予算の都合とそもそもの動機がドーム天井でも自担くっきりはっきりなので倍率は譲れなかった。

しかし、

 

これだけ入念に家電量販店をめぐり色々試したにもかかわらず野鳥の会になる覚悟をしていなかった。

ちなみにサイズの比較をば。

 大きいと見るか小さいと見るかはあなた次第!

 

押しっぱなしベルトも作った、後は防振装備で現場デビュー!!!

ということで

 

laboratorynote.hatenablog.com

 

あと、ブログに載せるには取り止めなさすぎた防振にまつわるあれこれ。

 

 

バナナジュース凝視したいから札幌にも一応持っていくけど防振様様になるのは東京公演からの予定です。

 

ちなみに、今一番言いたいのは

ドリフェスでも20日の元気が出るツアーでも双眼鏡お貸ししますのでどなたか同行させてくださーい!!!!

ブルーレイ画質でエイト見届けませんか!!!!!