読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジッケンノート

社会人を目前に初めてジャニーズに落ちた人間がどのような経過を辿るのか記録する

在宅乃木坂オタクAround還暦の父の現場デビューに便乗してお笑い兼ジャニオタの娘も女子ドル現場デビューした話

ジャニ&お笑いオタの異文化体験ということで今回の現場は乃木坂46の全国握手会です。

Twitterでは予てより散々ネタにしているので、フォロワーさんはご存知の方をもいるかと思うのですが、我が家には在宅乃木坂オタク57歳の父がおりまして、その父と15thシングル裸足でsummerの全国握手会に行ってまいりました。

 

父が乃木坂オタクになった経緯を簡単に説明すると、5年くらい前に妹との共通の話題がないことに悩んだ父が当時妹が好きだったAKBを覚えだし、親子仲良く横山由依ちゃんを応援していました。
段々妹よりAKBに詳しくなる父を面白がった私が家族共通のハードディスクレコーダーにAKB派生グループ(SKE、NMB、HKT、乃木坂)の番組を一通り予約してみたところ、まんまと派生グループにも詳しくなって最終的に乃木坂に落ち着いたというところです。
(最近はAKBには全く興味を失っている様子、でも欅は好きらしい笑)

Around還暦、いわゆるアラカン世代で「娘と同じくらいかそれより若い子に握手しに行くってのはなあ…」と在宅宣言をしていたものの、これまた現場狂いのジャニオタの娘が「つれてってあげるから一回現場行こう!」とけしかけて本日、57歳初めての現場デビュー!!!

 

朝9時半頃に幕張メッセ到着。

すぐにミニライブの整理券に並び、10時半頃に会場入場。
入場時にブロック抽選があるのですが、幸いにも同じブロックだったので、父の初めてのコンサート体験を見届けてきました。

 25年、娘やってて、父が背伸びしてるところを初めて見ました笑
(オールアリーナスタンディングなので埋もれるw)
物販がお昼からだったのでコンサートに行くなら振ってみたいと言っていたペンライトは買えずじまいだったのですが握りこぶしを作って手を振って、声を出して応援して、こんなに楽しそうな父、初めて見たかもしれないくらい……

待機時間も含めて3時間ほど立ちっぱなしだったので腰にはきたようですが笑

 

 女子ドル現場検証がもうひとつの目的なので、もちろん周囲のオタク観察も忘れずに。

 

その後いったん会場を離れて腹ごしらえをして、握手会へ!


乃木坂箱推しの父は生駒ちゃんに会いたかったようなのですが舞台稽古のため握手会は不在。
また、父が一番に推していた深川麻衣(まいまい)ちゃんが前作で卒業してしまっていて、明確な推し不在の中、深川麻衣ちゃんと一番仲が良かったという衛藤美彩(みさみさ)ちゃんのレーンに並ぶこと1時間半。
さすがにアラカンの父に疲労の色が見える中、ようやく握手へ!

 私も女子ドルの現場がどういうものか見てみたくて便乗して握手をしてきたんですが笑

「乃木坂ファンの父と一緒に来ました〜」と言いながらすぐ係りの人に剥がされそうになり、かろうじて後ろの父を指差して、父のターンへ。
「わあ、なかよし!」
とにこにこと私と父に笑いかけてくれて、父だけでなく、私までノックアウト。
本当フランス人形みたいに綺麗でまるで天使……

ほんと、ただただ、自慢だけど列の前の人一方的に話しかけて終わってたからみさみさから言葉引きだせただけで大勝利です。

 単純に親子っていう珍しさと女性ファンっていうあたりで反応しやすかったんじゃないかなと思うんですけどね。

男性アイドルに対して女性ファンも妄想のネタにすることはあるけど、女性アイドルにとって大抵の男性ファンに夜のおかずにされているだろうし、それぞれアイドルっていうのがそういう職業だと本人たちが割り切っていたとしてもそれ以外の視点で応援してくれている人の存在を実感できると安心するんだろうなとも。

自分たち向けられてる好意という感情の中にも様々な種類があるって実感できるのは現場だろうし。


イケメンもいいけど、美女もやっぱり目の保養。

慣れないイベント会場に疲れていたものの、「やっぱり生駒ちゃん会いにまた来たいし、今度こそペンライト振りたい」というので物販に行ってみたもののおめあてのライトと生駒ちゃんのグッズは売り切れということで、57歳父と25歳娘の乃木坂握手会デビューはこれにて終了となりました。

 握手会に味をしめてCD大量買いってことはなさそうだけど年に数回こうやってミニライブと握手を楽しむことになりそうです。
若い女の子の顔と名前覚えるんだからボケ防止にには良い趣味だと思うし笑

乃木坂のイベントはお笑いともジャニーズともやっぱり毛色が違うからオタク観察するのも楽しかったです。

 

と、いうレポを現場から約一か月放置していたら11月に新曲のリリースが決定したようで、次の握手会はいつになるのかなw
さあ、父は念願のサイリウムを振ることができるのか。
ラカン親父の乃木坂オタクへの道、自分のジャニオタ珍道中の片手間にこれからもゆる~く観察したりついていってみる予定です。