読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジッケンノート

社会人を目前に初めてジャニーズに落ちた人間がどのような経過を辿るのか記録する

2016年現場まとめ

『Jr.沼に足を取られるなんて思わなかったぞー!!!』

とこの一言で2016年が総括できるんですが、

備忘録を兼ねて今年もまとめ記事をば。

 

1月

  • Johnny’s world

 Jr.沼の始まりはこれでした。
昨年同様事務所沼の道先案内人のフォロワーさん(2015年に初めてかつんに連れてってくれた方)に誘ってもらい、のこのこ人生初の帝国劇場に。
詳細はこちら。

laboratorynote.hatenablog.comそして、リニューアルされた情報局・・・

f:id:h4d44:20160622075338j:image

 とらんぴーくんとよこやまさんなんかで絡んだら面白いのになと思ったらRの法則で共演し、その後一緒にトランペットやってるみたいでなんだかほっこり。 今年は相葉ちゃんを通じてなのかふぉ〜ゆ〜とも交流を持っているよこやまさんですが比較的年の近い黄金期からいるようなJr.だけじゃなくてまだ10代のJr.とも交流が出来て勝手に萌えてます。

 

  • 元気が出るLIVE 1/16及び17

まさかの大倉くん不在のオーラス。
賛否両論あったし、それが当たり前のことだと思うけれども、個人的見解としては彼らがこれから40代50代、おじいちゃんになってもアイドルをしていてくれるなら健康問題は切っても切れないことだし、模範解答とは思わないけどれも、公演を決行したこともそれを映像に残したことも一つの正解だったんだと思っています。お涙頂戴は好きじゃないんですが…

laboratorynote.hatenablog.com

 

2月

  • If or Ⅷ……

 自担以外はチケット取れたりお誘いいただいたりしたらお邪魔するけど多ステしないというマイルールがあるんですが、こればっかりはマイルール破るところだった。
今年のエイトコンも日替わり要素あるけれども、日替わりで歌って踊ってくれるのはたまんないですね。
センセイは去年に比べるとキレがイマイチかと……あんまりギリギリなところ踏み込むと他Gを敵に回すからあれくらいの方がいいのかもしれないけれども。
2017年どうするのか、ちょっと心配してます。

 

3月

去年のブルームーン以降観劇熱が高まって、キャラメルボックスを見に行ったという話をフォロワーさんにしたところ、劇団☆新感線をオススメされまして。
ちょうど2月に斗真くんがでるVBBのお知らせがあったんですが、斗真くん出るなら激戦だろうし、関ジャム支配人こと古田新太さんは出ないみたいだし、だったら、新太さんでる演目行こう!と思って観劇。

なんで、誰も、支配人あんなにかっこいいなんて教えてくれなかったんですか。
私の中で結婚したい男永遠のNo.1加藤浩次脅かす勢いだったんですよ。

顔認証導入でどうなることかと思われた本ツアー。
相方のすばる担の同行者として申し込ませてもらって現場へ。
直前、メンバーの発言にもやもやすることがあって、「箱推しであるべき」みたいなお笑いオタク時代からの10年以上オタクでいる為の軸にしていることがブレてこのままオタクやめられたら楽なのになあと一瞬アカウント消したんですけど元気ツアーでやらなかったアルバム曲歌うすばるくんの姿と歌声に、この曲全員でやってもらうまではオタクやめたくないなあとあっという間にツイッターに復活。

す担じゃないけれどもすばるくんの歌に生かされてるオタクってたくさんいるんだろうなあ。

 

昨年のドリフェスで存在を知ったキュウソネコカミ
ワンマン観たいなあと思って、現場へ。

laboratorynote.hatenablog.com

 

4月

小学生のときにブルーハーツの曲を聴いて14年。
ようやく神様に会えた。

laboratorynote.hatenablog.com

 

quarterから約1年。

またライブがあったら行きたいなあと思わせてくれた田口くんがいないなんて冗談キツい。

laboratorynote.hatenablog.com

でも、充電完了したらまた行きたいです。

 

5月

  • 寝盗られ宗介

Jr.沼に本格的に足を引っ張られた案件がこちら。

ジャニワに誘ってくれたフォロワーさんはえび担でもあって、チケット余ってるからおいでよー。と誘われて、とっつー好きだし、今年のジャニーズJr.カレンダーで唯一よこやまさんを尊敬する先輩に挙げていた藤原丈一郎くんを東京で観られるとのことで、仕事終わりに開演には遅刻しつついそいそ新橋演舞場へ。

舞台の感想はそこそこに丈くんに関するツイートまとめました。

laboratorynote.hatenablog.com

6月

 2015年にブルームーンで高まった観劇熱で一番最初に行ったのが従姉が好きでよく話を聞いていたキャラメルボックス
冬・春の公演はジャニオタモードが忙しかったこともあり見送ったものの、この時期は時間に余裕もあり、何よりこの演目は従姉のおすすめということもあり、観劇。
ダブルキャストで演じられていた演目で、当初は一公演に済ませる予定がもう一方の公演も増やしてしまったという、後悔はしていない。

 

寝盗られ同様また前述のフォロワーさんに誘われて。
鍛えられたはしふみの肉体はとても舞台映えしますね。
個人的な見解ですが、ジャンプ以降のデビュー組で40代になったときに表現者として一番強いのはえびちゃんだと思ってます。

 

7月

マクベスについて観劇した後にすごく疑問に残った点が上のツイート。
レノックスは足を引きずっていて、明らかにハンデキャップを背負っているのは明確だったけれども、原作の戯曲にはそのような表現は一切ない。
傷痍軍人ということも考えてみたものの、手にも麻痺があるような演技だったので先天的なハンデキャップだとしたらどんな意図なんだろうと。
一緒に観劇した妹は発声・発音に関係した勉強をしていることもあって、魔物の三兄弟と暗殺者の中に吃音の話し方をしている人がいることが気になったと。
酸素と水分と糖分を補給するために立ち寄った喫茶店であーでもないこーでもないと話していたんですが、千秋楽後、演出家の鈴木さんが質問に答えてくださるということで、さっそく質問。

四肢麻痺について

 吃音について

 ハンデキャップのあるように演出をつけるのに何にも意図がないはずがないというのは妹との共通認識だったんだけれども、回答いただけてスッキリ。
せっかくだからブルームーンで気になることも聞けばよかったなあとかちょっぴり思った。

 

  • サマステ!ジャニーズキングダム KING公演

 ジャニワぶりの瑞稀くんの現場!KING/HiHi Jet/Classmate J表記だったんですが、実際にはKING公演メインバックHiHiみたいな公演でした。
ただ、瑞稀くんにはソロパートもあって。

 この辺りから掛け持ちという言葉が脳裏を駆け巡るようになるんですが、まだ、掛け持ちではないつもり・・・

 

8月

 秋のえび座はめちゃイケからも来ていた。

 

  • ANOTHER

 自ユニ以外で遠征しないルールを掲げていたはずなのに・・・

laboratorynote.hatenablog.com

埼玉公演の日曜夜に入りました。覚えている方も多いと思いますが、土曜、日付変わって日曜日1:00にSMAPの解散報道があり、スマオタじゃなくてもどんなテンションであの事務所にいる人たちを応援すればいいんだみたいな、そんな気分のまま現場へ。

事務所に対する不信感・嫌悪感というのは完全になくなった訳じゃないけど、だからと言って、この数年ここまでのめりこんだ関ジャニ∞から離れる気もなく、つまるところ、彼らがアイドルでいることを肯定してくれる限りはついていこうと思っています。

 

  • サマステ!ジャニーズキングダム(トラスト)

 

  • Vamp Bamboo Burn~ヴァン・バン・バーン

生田斗真君が歌って踊る姿を生で見れることに最大の価値があった。


9月

 その後のジャニフワ遠征と50shades!において文ちゃんがつかみどころのない人というのは確信した。デビュー路線からは外れたのかもしれないけど彼は大物になりそう。

 

 これも従姉一押しの演目。キャラメルも行くたびに推し俳優さんできるの多分まずい、破産する。

 

  • pnish「サムライモード」

お笑いの自担こと、ライセンス藤原氏が8年振りにお芝居の客演としてお呼ばれしまして、8年前は大学受験真っ最中で泣く泣く舞台を諦めたので新喜劇以外の彼の生のお芝居を見るのはまるっと9年振り。

笑いどころを一手に任されていて、「あー、やっぱり、この人好きなんだよなあ」って思ったんですけど、まあ、いろいろあってライセンスオタ降りました。

さよなら、大好きな人。

 

ライブはいる前から全力で湿っぽくて重いオタク。

laboratorynote.hatenablog.com

 ジャニオタだろうとお笑いオタだろうと最前入るときは死にそうになるんですよ・・・

 11歳からずっと好きな人とステージと観客席越しとはいえ会話してしまった・・・死んだ。
「いくつから待っててくれてたの?」という加藤浩次の父性溢れる声のトーンを皆さんと共有できないことだけが残念。
あんなん惚れ直す以外に何ができようか。

 

  • リサイタル新潟

リサイタルのいいところは土地土地のおいしいものたべられるとこだと思う…賛否両論あるけどこのままリサイタルフェードアウトだったらちょっと残念。

 

10月

  • ジャニーズフューチャーワールド

 あっれー?エイト以外は遠征しないんじゃなかったのかな?ANOTHERはかつてエイトがやった演目だからまだいいとして、今回エイト関係なくない?
ジャニフワ遠征を決めた後からは実質Jr.担掛け持ち状態に入った自覚はしています、ただ担当を名乗るかは気持ちの問題だからー!!!
ジャニフワに入って、念願の丈くんの書いたネタを観れたことには満足しているけど、同時に関西Jr.が背負わされる「笑い」についてもやもやしているところ。

 

  • えび座

五関様、桂馬様。
えび座映像化はよ!!!
あらんくんいないのは寂しかったけど、トラジャのダンスを座ってゆっくり眺めることができて大満足。

 

  •  ドリフェス(22日、23日)

 去年エイトが出るって決まってチケット取れなくて胃がキリキリしたのと、X JAPANさんなど錚々たるアーティストのパフォーマンスに心奪われたこともあって、最速先行で土日のチケットを確保。
最速先行の時点でエイトが出なくても観てみたいアーティストさんがいた上に、土曜日は我らが高橋優くんの出演も決定。

 そして、今年のジャニ枠はV6兄やん。

フェスの会場でコンパクトな形とはいえいつも通りのコンサートのフォーマットに従ったものを見せたV6に対して前年度バンドスタイル一本で押し切った関ジャニ∞
エイトファンからすると関ジャニ∞もアイドルだってところを見せて欲しかったなんて感想も少なくはなかったみたいだけれども、単純にデビュー21年目と当時12年目の違いもあるし、エイトにとっての同世代男性が多い会場で、エイトがアイドルを全うしても響くかどうかわからないけど、その世代は学校へ行こう!を見ていた訳だからテレビでよく知ってるV6がキラキラアイドルになることに圧倒されたのかもしれない。
反対にいえばV6には前年度エイトがやったように、音楽が大好きな同世代男性に対して「僕らも楽器やるんです、バンド好きなんです」って同じ立場でアプローチすることは難しい訳だから各々がそれぞれ手持ちのカードを最大限上手く使ったなというのが感じられて、V6にも勿論感動したし、1年越しでエイトへの愛もさらに深まった。

 

11月

 全国懺悔ツアーの千秋楽。
前日19日17時過ぎにアメリカから帰ってきて24時間たらず絶賛時差ぼけの中現場へ。
2016年1週間に4公演(全て別の演目)入るとかそこそこスケジュール的に無茶したけど一番無茶だったのはこの日程かもしれない。
沖縄出張から戻ってきた2日後に札幌行く予定が遂行できてたらクレイジースケジュール1位タイだったんだけど。

千秋楽の東京公演は追加公演で、それ以外地方公演はすべて一般、チケットぴあだけだったんですが、東京公演は吉本のチケットシステム、チケットよしもとでの先行もありまして。
これは吉本復帰ある!って確信してたんだけど加藤浩次の言葉でそれを聞けたのは嬉しかったなあ。
福島公演の時とコントのオチが1つ変わってたのにびっくりした。
今回のライブはゆかりのある作家さんがそれぞれ書いているはずで、尚且つ平日はスッキリとレギュラーの収録、空いている土日でツアーを回っていた加藤さんがもっとよくしようとネタに修正を加える訳だからもうたまらん。
相方と舞台に立つことが目標じゃなくて、相方といっぱい笑いを取ることが目標だったってわかって嬉しかった。

 

  • 50shades

 新宿Faceがお芝居やコンサートに使われていることは知りつつも格闘技モードのFaceしか知らないのでFaceでお芝居やる時ってどんなんなのかなあと思ったのとジャニーズがR-15指定のお芝居ってどうなるんだろうという興味で参戦。ゲスくてえろーい笑い大好きだし。

こんな下ネタ、ゴールデンどころかテレ東の深夜帯でも流さないんじゃないかと思うほどの下ネタのオンパレード。でも文ちゃんのお顔がノーブルなのと女優さんが小柄で可憐で内容ドギツイのにどこか品が残る。新宿Faceでジャニーズがお芝居!?と思ったけど歌舞伎町の雑踏を抜けて会場へ向かって見る演目として最高だった。

12月

  • クリパ 

フォロワーさんにお誘いいただいた日に会議が入って死にそうになりながら改めてチケット探して2度目の松竹座へ。
ちなみに夏に松竹座入った時点でクリパにお誘いいただいていたんだけど当時の私、
「12月はエイトと丸かぶりだからまた松竹座お邪魔したいけど次は春っすかねえ〜」ってほざいてたんですよね。
何が春じゃ!秋に梅芸、冬に再びの松竹座決めてるじゃないか……

 夏のANOTHERはメインの龍太くんや流星くんよりセリフも見せ場も多かった。秋のジャニフワは大吾くんの映画仕事や流星くんの年齢の事情にせよ関西から博多座に出演する5人に選ばれて、梅芸に場所を移しても出番が削られることもなかった。屋良くんにつけてもらったFunky8という名前と仲間を大事にしていることは理解しつつも非公式ユニットでメインを支える縁の下の力持ちでいるくらいなら丈くんだけでもメインに食らいついてほしいって結構本気で思っていて、メインのバックで踊る丈くんをどう感じるのだろう、今のまま好きでいられるかなと少し不安だった。

 2017年、自担シアターコクーンで主演だし、10倍でよかったかもしれない……

 君がステージのどこにいても君を見つけるよ!例え君がステージを降りる選択をする日が来たとしても君が魅せてくれたキラキラをずっと大切にするよ(号泣)

お別れが言えないJr.を担当にするなんて絶対無理って思ってたんですけどデビューを願いつついつか来るかもしれないお別れも飲み込めたんで後はよこやまさんが絶対的1番なのに2番目の子を担当と呼んでいいのかというもう一つの自意識との戦いになったので掛け持ち宣言の日も近いと思います……

 掛け持ち問題完全解決してないのにさらに気になる子が増えて困ってます。晴ちゃんと奥村くんがきになる。

 

  • エイタメ×5

 本当は×6のはずだったのに……札幌、baby baby…亡霊になる。
10周年のニズムで象を聞いて、10周年新規は彼らのこれまでの10年はリアルタイムで見られなかったけどこれからの10年は好きでいられたらいいな、10年後に象、聴きたいなと思ったら2年で!?いいの!?喜んで聞くけど!!
なぐりガキBEATでよこやまさんがセンターになるところ何回見ても涙出る。好き。

すばるくんの衣装に歌や音楽の文字があって、よこやまさんの衣装は「役割を分担」って文字がデカデカとあって、よこやまさんには音楽関係のフレーズないのかよ!とツッコミ入れそうなりつつ防振で凝視したら「Singing a song」の文字も確認。今回のツアーは衣装は安田様プロデュースとのことですがこの曲も?気になっているので正解ください、やすくん。

 

  • ジャニアイ

 『Jr.の現場は多ステしない』がマイルールで、自名義で1月公演を確保していたのでみじゅきくん早く見たいけども!!と思っていたところフォロワーさんにお誘いいただいて。
キスマイさん12月公演とえびちゃん1月公演をそれぞれ1公演ってカウントしてもいいよね?と自分に言い訳をして帝国劇場へ。
「あっれ〜Jr.いっぱい出てはしりょちゃんもいるのに瑞稀いないな〜」と思ってたら変面瑞稀くんでめっちゃびっくりした。
瑞稀いないからJr.色々見よーって思ってる場合じゃなかった…
1月公演はしっかり見届けます。

ちなみに、デビュー組ガチャがすごい当たりくじだった。

 

 2016年現場納め!
まさか、2016年の現場納めが極楽とんぼになるとは。
2016年始まった時に誰が想像した?
先日のめちゃイケで中居くんを巻き込んだ喧嘩コントがあって、「インスタグラムから頑張っていこう」と言った加藤浩次の発言があったけど実際にこのトークライブでも言っていた話。
次回開催は未定だけれども、「来月か再来月にでも」って言葉も聞けて大満足。
2017年はオタ活縮小モードにする予定なんだけれども極楽がトークライブやるなら定期的に通う……

 

そんなこんなで2016年現場まとめでした。

2016年まとめる前から今年の夏の予定いっぱい決まってすでにプチパニック。

どうなる2017年。